ヘルメット

クラブスタイルのスピードクルーザーに似合うヘルメットは【パフォーマンス系!】

スピードクルーザーのおすすめヘルメットはアイコン

ハーレーのクラブスタイルのおすすめのヘルメットを紹介します。

クラブスタイルはパフォーマンスを上げたハーレーで、町中やハイウェイを飛ばすMotorcycle Clubのスタイルです。

クラブスタイル フルフェイス

ハーレーからもハイパフォーマンスバイクが発売されています。

CVOにしか乗せなかったTC110のエンジンを、ダイナFXDLSに搭載し圧倒的なパフォーマンスを発揮させ、2019年モデルにFXDR114という走りを意識したハイスピードクルーザーも登場しました。

スピードクルーザー

そういったこともあり、ハーレーにフルフェイスが当たり前になっています。

ハーレーのクラブスタイルの人気から、アンノウン・インダストリーズ(UNKNOWN Industries)などのエクストリーム系の人気もあがり、ますますフルフェイスに人気が集まっています。

クラブスタイル フルフェイス
https://shop.unknownindustries.com/

フルフェイスはペイントや安全性でもメリットが多く、スタイルを表現する方法が増え、ベストな存在になりつつあります。

さらにベルから限定で、クラブスタイルを意識したソウルペイントのブリットも発売されました。

では、ハーレーのクラブスタイルに似合うヘルメットを紹介します。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

BELLはRSDモデルや、ソウルペイントのブリットが注目されている

クラブスタイルのおすすめのヘルメット

AMAのチャンピオンでもあるローランドサンズのバイクは、走りの要素を必ず入れています。

バイクとして魅力を最大限に引き上げながら、見た目も両立させる。

さすが、ROLAND SANDS DESIGN

だからこそ、歴史あるヘルメットメーカーのBELLなど、多くのブランドとコラボしたアイテムをリリースしています。

ハーレーのフルフェイスで、ドラッグスタイルのシンプソンと、双璧を成すのがBELLのブリットシリーズです。

オールドスクールにもいけるし、ハイパフォーマンスなクラブスタイルも抜群に似合う。

クラブスタイル フルフェイス

日本でもやっと発売開始されました。ソウルペイントでクラブスタイルを意識した、スペシャルエディションのブリットです。

クラブスタイル フルフェイス
画像元:http://conelysaccessoriesusa.com/

デザインの良さから、ハーレー女子にも人気があるのがBELLの特徴です。

ブラックで圧倒的な人気のSHOEI Z-7とシンプソン

ブラックで圧倒的な人気をほこるのが、日本メーカーだとSHOEI Z-7です。

クラブスタイル フルフェイス
日本でクラブスタイルなどで有名な、ブラックパレードもZ-7を使用しています。

ブラックパレードはクラブスタイル用のパーツも販売していて勢いのあるブランドです。

SHOEIはAraiの丸型ではなく、後ろに流れるスタイルなのでスピード感をだすクラブスタイルにはベストで、さらに軽量でコンパクトなのが人気の理由です。

シールドは視認性などありますが、ブラックのヘルメットにはミラーのシルバーがベストです。

正面と裏のSHOEIのステッカーをはがせるので、ペインターからの人気も非常に高い。

シンプソンはすべてのカスタムスタイルに似合う、唯一の絶対的な存在のメーカーです。

世界中で圧倒的な人気です。この存在感は説明不要です。

ICONは「エアフライト・エアマーダシャンティー」「エアフレーム」に人気がある

クラブスタイル フルフェイス

ICONはエクストリーム系で人気があり、グラフィックデザインが豊富で、他メーカーにはないメタリックなどもラインナップされています。

アンノウン・インダストリーズ(UNKNOWN Industries)の影響があり、さらに人気があがっています。

アメリカで発売してあっという間に在庫薄になった、新作のエアフライトのクイックシルバーです。

シルバーメタリックにキズが入っている感じのペイントです。

実際にみると質感が、写真以上に素晴らしい。

シールドがアゴまでおりてくるタイプで、斬新なデザインで人気があるのがわかります。

かなりカッコよいです。

そして、いきなり海外で火がついたのが、妖艶なエアマーダシャンティーの、パープルのオパールバージョンです。

クラブスタイルのおすすめのヘルメットはアイコン

オパールは光の反射や屈折などで、多くの色を発しますが、このシャンティーはパープルベースなので妖艶な雰囲気を色を発します。

クラブスタイルは、ブラックがかなり主流になってしまって、ブラック好きでもブラックを避けたいと感じている方が増えています。

でも、このシャンティーのオパールなら納得できると思います。

実際アメリカのクラブスタイルで、このヘルメットの人気があがっています。

クラブスタイルのおすすめヘルメットはアイコン

もちろんラバトーンブラックもかっこよく、薄くデザインが入っているので、象徴しすぎない感じの上品さがあります。

カスタム業界でブラックは一番難しいペイントですので、この質感とデザインはさすがICONです。

エアフレームのシルバーも、エアフライトのクイックシルバー同様、めちゃくちゃ人気があります。

クラブスタイル ヘルメット

AGVは本格的なレーシングヘルメットでクラブスタイルに完璧にあう

クラブスタイルにおすすめのAGVのカーボンヘルメット

さすがAGV。モデュラータイプ(システムヘルメット)でも、レーシーさをまったく失っていないです。

日本メーカーでもモジュラータイプで、ここまでコンパクトに出来るのは少ない。

値段もカッコいいですが、新色のモデルはペイントにリフレクターを使用し、デザインを損なうことなく、安全性もカッコよく取り入れています。

ハーレーに似合うカーボンヘルメット

なによりフルカーボンのモジュラータイプのヘルメットは、ツーリングもできるクラブスタイルにピッタリです。

クラブスタイルにおすすめのカーボンヘルメット

やはり、レーサーのためのヘルメットメーカーは、ツーリングの快適さにおいても妥協は一切なし。

もちろんジャパニーズフィット仕様があるので、海外メーカーにありがちな頭の形の違いによる、痛みなどもなく、サイズもワンサイズ上げる必要もありません。

まとめ

ハイパフォーマンスでレベルの高い走りができるクラブスタイルには、フルフェイスが完全にマッチします。

クラブスタイルのヘルメットの鉄板はやはり、ブラックやマットブラックにシールドはミラーです。

しかし、クラブスタイルはファッションを含め、トータルのスタイルに波及してきています。

それが、Iconのエアフライトのクイックシルバーや、妖艶なシャンティーのオパールに人気が集まっている、ひとつの要因だと思います。

クラブスタイルのパフォーマンスも上がってきていて、かなりアグレッシブなカスタムも見るようになってきました。

クラブスタイルのパフォーマンス関係は、こちらの【最新カスタム】クラブスタイルのパフォーマンスをあげる!も読んでみてください。

クラブスタイル フェアリング
【ダイナ走り派】クラブスタイルでハイパフォーマンスカスタム!クラブスタイルで、ハイパフォーマンスなカスタム方法と、パーツを紹介します。 ダイナでパフォーマンスを引き上げる方法 ...

クラブスタイルはデザインとパフォーマンスが、飛躍的に伸びているスタイルなので、かなり楽しめると思います。

日本で販売されていないレアなヘルメットがほしい場合は、セカイモン(世界最大のオークション)で探すと見つかります。

詳しくは、こちらの、【ハーレーパーツの個人輸入・海外通販】初心者はセカイモンを利用しよう!を読んでみてください。

ハーレーのカスタムパーツの個人輸入はセカイモン
【ハーレーパーツの個人輸入・海外通販】初心者はセカイモンを利用しよう! 海外から、最新のカスタムパーツを安く買いたい! でも、どうやって買えばよいかわからない 日本で手に入らない貴重なビン...

ぜひ、最高にカッコよく、パフォーマンスの高いクラブスタイルに仕上げましょう。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

ヘルメット全般については、詳細な記事がありますので、こちらの、ハーレーに似合うおすすめのフルフェイス!を読んでみてください。

ハーレー ヘルメット クラブスタイル
【ハーレーだからフルフェイスが似合う!】カスタム別におすすめを紹介カスタムスタイル別の「おすすめフルフェイス」を紹介します。 ほんの少し前まで「ハーレーにフルフェイス?ダサいよ」なんて言われていた...
H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。