カム&ルブリケーション

【ハイカムとは?】ハーレーのエンジン特性が変わるパーツ!!

  • ハイカムを入れると、馬力やトルクが上がると言うけど、いったいどんなパーツなの?
  • なぜ、ハーレーのショップや雑誌、ネットでハイカムをすすめるのか?

こういった疑問にお答えします。

  • カムが変わると、エンジン特性も変わる
  • ハーレーにハイカムをすすめる理由
  • ハイカム以外にも馬力・トルクを上げる方法はある

ハイカムのプロフィールなどの詳細を知りたい方は、こちらの性能と味わいに直結する!ハイカム カムプロフィールと選び方を読んでみてください。

では、ハイカムとはどんなパーツで、交換するとどういった効果があるのかを、画像やイラストを添えて解説していきたいと思います。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

ハイカムとは?

カムの形状が変わるとエンジン特性も変わる

カムとは下図の、楕円の形をした部位の事を指します。

ハーレー ハイカム

カムの仕事は、エンジンの吸気バルブと、排気バルブの開閉に使用されるパーツです。

  • 吸気バルブ:エンジンに混合気を入れるためのバルブ
  • 排気バルブ:エンジンで燃焼したガスを出すためのバルブ
ハーレー ハイカム

このバルブの開く量や、開いている時間、バルブの開くタイミング、閉じるタイミングなどを変え、混合気の量を増やしエンジン特性を変更させます。

この楕円の形を変えるパーツを、ハイカムと呼びます。

ハーレーの馬力を上げるおすすめハイカム

上の図の青い箇所がカムのポイントになる箇所です。

カムの高さをリフトと呼び、カムの作用角をデュレーションと呼びます。

リフトを高くすることをハイリフトと呼び、効果は吸気バルブを高く開くことができ、多くの混合気を取り入れることが出来ます。

デュレーションの作用角を多くすることを、ハイデュレーションと呼び、効果は吸気バルブが開いている時間が長くなり、より多くの混合気を取り入れることが出来ます。

デュレーションを大きくとると、吸気と排気のバルブが両方開くタイミングが生まれます。

ハーレー オーバーラップ

これをオーバーラップと呼び、高回転時の充填効率が向上します。

ハーレー ハイカム

この3つの要素を取り入れたものをハイカムと呼びます。

ハイカムは、エンジン内に多くの混合気を取り入れて馬力・トルクをあげ、出力が最大になる回転数を変えることを目的としています。




ハーレーのノーマルカムの特徴

ハーレー ハイカムとは

インジェクションと同じように、最大1気筒900cc以上の空冷エンジンが排出するガスをコントロールすることは極めて困難です。

そのためノーマルカムは、排ガス規制をクリアする為に、排気量分の空気を吸えないように制限しています。

ハーレー インジェクション チューニング
ノーマルのハーレーでもインジェクションチューニングは必要か? ハーレーはノーマルでも、インジェクションチューニングしないと、まともに走らないのですか? なぜ、最初からベストなセッテ...

ノーマルのエアクリーナーも同じように、多くの空気を吸えないように小さな入口にしています。

多く吸えなければ排出するガスの量も減ります。

年式にもよりますが、TCの高年式はカムのオーバーラップがあったり、TC96だとなかったりしますが、基本的には厳しい排ガス規制をクリアするため、空気をたくさん吸えないカムを採用しています。

なぜハーレーはハイカムをすすめるのか?

水冷エンジンでは極端に出力を制限しなくても、厳しい排ガス規制をクリアできるため、レース仕様でなければ、まずハイカムをすすめることはありません。

しかしハーレーの場合は厳しい排ガス規制のために、空気をたくさん吸えないカムを使用し、出力を落としています。

カムをハイリフト・ハイデュレーションのハイカムにすることによって、排気量に見合った空気を吸えるようにして馬力、トルクが上げます。

ハーレーでハイカムをすすめる理由は、制限されていたエンジン出力をもとに戻すためです。

通常、ハイカムは高回転時の出力向上に使用されますが、ハーレーの場合は極端に出力を落としていたので、低回転時でも効果を発揮します。

ハイカムは低中回転向き、高回転向きなど、エンジンの最大出力の回転数も変える事ができます。

低中回転向きのハイカムでも、体感できるのは3,000回転以上からだと思います。

敏感な方は2,000回転でも体感できると思います。

あまり回さないかたは、もしかするとハイカムの恩恵は感じにくいかもしれません。

その場合は、ハイカムではなくエンジンの心臓部のシリンダーヘッドのチューニングの方が適しているかもしれません。

シリンダーヘッドについては、こちらの、シリンダーヘッドの高効率化でパフォーマンスアップ!を読んでみてください。

ハイカム以外の馬力・トルクアップ方法はシリンダーヘッド

スポーツスター ブランチヘッド

馬力・トルクを上げるのはハイカムだけではなく、シリンダーヘッドのチューニングもあります。

シリンダーヘッドのチューニングの特徴は、吸気効率が全域であがるので、全ての回転域でパフォーマンスアップが可能です。

それに合わせたハイカムだと排気量アップ以上のパフォーマンスを感じられるほど、シリンダーヘッドはエンジンチューニングの要のカスタムです。

その他にも、ビッグボアスロットルボディ、ピストンなど多くあります。

詳しくは、下記の記事に記載しましたので、読んでみてください。

ブランチヘッド
シリンダーヘッドの高効率化でボアアップせずに馬力・トルクがあがる!ハーレーの最大の魅力はエンジンです。 しかし、実際に乗ると排気量のわりに、トルクがないと感じる方は多いと思います。 主な理由...
ハーレー ビッグスロットルボディ
【走り派必見】ビッグボアスロットルボディの交換で馬力アップ! ビッグボアのスロットルボディは、口径が大きいほどトルクや馬力が出るのか? こういった疑問にお答えします。 結...
ハーレー ボアアップ
【驚異のピストンスピード】ハーレーこそ最先端の鍛造ピストンが必要!ピストンに求められる性能と、交換によって得られる味わいについてお伝えします。 イメージとはことなり、ハーレーのピストンに求められる...




まとめ

空冷大排気量エンジンの豪快な加速を味わいたい方は、ハイカムは飛躍的に馬力があがるのでおすすめします。

ビッグツインは巨大な低速トルクを感じ、俊敏な4CAMスポーツスターは高回転まで続くパー感じる事ができます。

ハイカムの選定は、どういうふうに乗るか?どの回転域を使用しているか?今後どういうカスタムするか?など非常に多くの要素を確定した上で選定します。

そのため、シャシダイに載せて計測し数値化してメカニックに伝えたほうが、自分にあったエンジン特性が手に入ります。

ピークパワーに目が行きがちですが、ハイカムの選定にはカムプロフィール(カムの特性)を正確に読む知識が必要になります。

必ずプロショップに確認してください。

そのうえで、乗り方に合ったハイカムにすると、自分が感じていたハーレーの魅力が倍以上に感じるほど、エンジン特性が変わります。

ハイカムはとても魅力的なカスタムなので、しっかりと情報を集めた上で決定してください。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。