インジェクション

【ハーレーフラッシュチューニング】費用からデータの精度まで詳しく解説!

ハーレー インジェクション サポート
  • フラッシュチューニングの費用は、どれくらいかかる?
  • 他のマフラーに変えた場合も、もう一度、チューニングしたほうが良い?
  • チューニングは、シャシダイを使用する方法と、ECMを送ってデータを入れる方法があるけど、どちらが良い?
  • 個人でチューニングは可能?

こういった疑問にお答えします。

フラッシュチューニングは、純正ECMを使用する安心感から、フルコンと同じように主流になりつつあります。

マフラー・エアクリーナー・ハイカムなどのライトチューンであれば、フルコンと比べて性能的に劣ることはなく、金額もフルコンに比べて5万円ほど安くなるケースがあります。

ベースマップがある程度は用意されているので、多くのショップで取り扱いがあり、サポートも充実しているショップも多いです。

ただ、データ作成方法が2パターンあるので、どちらが良いのか迷うと思いますので、費用面も含めて、詳しく説明します。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

フラッシュチューニングにかかる費用

ハーレー フラッシュチューニング シャシダイ

ショップにより価格・サービスは異なりますが、一般的に、ディレクトリンク・パワービジョン・FP3だと以下の金額ぐらいです。

フラッシュチューニングの総支払額

1. シャシダイを使用したチューニング

チューニング機器+チューニング+取り付け工賃+オイル代など

13万円~20万円

2. 純正コンピューターを送ってデータを入れる

チューニング機器+データ入力

7万円~13万円

社外コンピューターに交換するフルコンの、ツインテック・サンダーマックスの料金は20万前後です。

インジェクションチューニングの比較は、こちらの、【最新2018】おすすめのインジェクションチューニングを比較する!を読んでみてください。

ハーレーの燃調はフルコンがベスト
【2019】おすすめのインジェクションチューニングを比較する! インジェクションチューニングしたいけど、どれを選んだらよい? チューニング費用はどれくらいするの? どのチューニ...



チューニングデータの作成方法

フラッシュチューニングのデータ作成には、2パターンあります。

  1. データ作成:1台1台シャシダイでチューニングする
  2. ダウンロードタイプ:すでにシャシダイで得ている汎用データを書き込む

シャシダイでデータ作成・ダウンロードタイプのどちらが精度が高い?

バイクには個体差があるので、1台1台シャシダイでセッティングしたほうが精度・パフォーマンスは高いです。

しかし、もともと純正に入っているデータも、車体と個体差はありますが、全ておなじデータを使用しています。

純正データが良いとは言えませんが、長年使用し、エンジン・車体が劣化していっても、調子を維持できる程度の補正範囲はもっています。

個体差を修正せずに、書き換えるだけのダウンロードタイプのフラッシュチューニングは、精度が低く問題があるという話を聞きますが、この方法は上記で記載したとおり、ハーレーダビッドソン社や、他の車両メーカーもおなじような方法を採用しています。

シャシダイに乗せたほうが、精度が高いのは間違いありませんが、おなじ仕様のマップデータがあれば、書き換えるだけのダウンロードタイプが、問題がある精度とはいえない

ダウンロードタイプの前提:日本仕様のハーレーに、日本のオクタン価にあわせたマップデータを、シャシダイですでに作成してあることが前提です。アメリカ仕様のマップをダウンロードして使用するのは、仕様もオクタン価も異なるためおすすめはできません。

その上で、個体差は純正以上に問題にはならないということです。



フラッシュチューニングの再セッティング料金

ハーレー フラッシュチューニング 再セッティング

ダウンロードタイプは、他のマフラーを変更したさいに、すでに豊富なデータがあるので、データ転送のみで、数千円の再セッティング料金で済みます。

シャシダイを使用する書き換えタイプは、マフラーに合わせたデータを再度シャシダイで制作するので、最初と同様の5万円程度はかかりますが、精度は高いです。

再セッティング料金
  • ダウンロードタイプ:数千円
  • シャシダイを使用する:5万円以上

フルコンの場合は、ワイドバンドO2センサーを使用するシステムのため、他のマフラーや、ノーマルマフラーに交換しても、瞬時に空燃比を合わせてしまうので、再チューニングの必要がありません。

長くハーレーに乗るようであれば、フルコンの方が安くなるケースはあります。

フルコンについては、詳細な記事があります、こちらの、【インジェクション最高峰のフルコン】ハーレーの性能を極限まで引き上げろ!を読んでみてください。

ハーレー フルコン ツインテック
【圧倒的な可能性のフルコン】ハーレーの純正の枠にはまるな!!愛車のハーレーをこれからも長く使用するなら、圧倒的な制御機能を持つフルコンが、コストを含めたすべて面からおすすめです。 フルコンは...

チューニングを個人で行うのは極めてむずかしい

ハーレー フラッシュチューニング

シャシダイでセッティング、またはダウンロードタイプを選ぶにしても、プロショップへ依頼してください。

個人でのチューニングは、回転数とアクセル開度の組み合わせを考える必要があるので、走行して確かめるのは極めて困難です。

通販で購入しても、技術的なサポートを電話で受けられる正規代理店など、チューニング後のサポートがしっかりしているショップに依頼してください。

■個人のフラッシュチューニングのリスク

  • データ転送中・書き換え中にフリーズ
  • 純正ECMとチューニングデバイスとの齟齬
  • ソフトウェアとPC・スマホの相性

何かしらの理由でデータ転送中に中断してしまうと、データが崩れる・初期化される。その場合は、再インストール、最悪再購入になる場合があります。

オートチューンもナローバンドO2センサーを使用しているため、走行中のほとんどは働いていません。

精度の高いチューニングをするためは、バイク用品店など行きシャシダイに乗せる必要があります。

シャシダイからの結果から分析し、次のアクションが取れるかたにとっては、チューニングは楽しいと思いますが、費用を浮かせるためだと、かえって費用がかかるケースがほとんどです。

O2センサーについては、詳細な記事がありますので、こちらの、【ハーレーのインジェクション知識】O2センサーとは?故障の原因や外し方も説明を読んでみてください。

ハーレー O2センサー 故障 外し方
【ハーレーのインジェクション知識】O2センサーとは?故障の原因や外し方も説明 インジェクションチューニングのときに、O2センサーって聞くけど、何のためのセンサーなの? ナローバンド、ワイドバンドO...

フラッシュチューニングの車検はアイドリング次第

車検は、アイドリングの検査のみです。

ですので、アイドリングをチューニングしている場合は、ノーマルマフラーに戻しても、ガソリンが濃くなっている状態なので、不合格になる可能性が高いです。

アイドリング付近をチューニングしていない簡易チューニングであれば、合格できるのでチューニングしたショップへの確認が必要です。

パワービジョンは、タッチパネルで簡単にノーマルデータに戻せるので、確実に車検に合格します。

まとめ

ここまで、フラッシュチューニングの費用やデータの精度について解説いたしました。

以下に、ポイントをまとめています。

  • フラッシュチューニングの費用は、総支払額で7~20万円
  • データ作成は、シャシダイを使用したほうが精度は高いが、ダウンロードタイプは一般的な方法なので、悪いとは言えない
  • 他のマフラーに変えた場合は、再チューニング・再設定が必要になり、数千円~5万円程度の費用がかかる
  • 長く同じハーレーに乗るのであれば、フルコンの方が安くなるケースがある
  • 車検は、ノーマルデータを保存できるパワービジョン以外は、ショップに確認が必要
  • チューニングを個人で行うのは、精度・コストの面から言っても、メリットはほとんどない

フラッシュチューニングは、スキル・コストの差がショップによって異なるので、対面・電話などでしっかりとした説明をしてくれるショップを選び、最後までサポートしてくれる信頼できるショップを選んで下さい。

チューニングデバイスの選択も大事ですが、信頼できるショップと熟練したメカニックかどうかを見きわめる事が重要です。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。