フライホイール

【フライホイールにヘビーウエイトリング装着】史上最高の鼓動感と低速トルク

ヘビーウェイトリング
  • EVO・TC・ミルウォーキーエイトなどの、新しいハーレーから鼓動感を感じにくい
  • どうしたら鼓動感を出せるのか?

こういった鼓動感についてお答えします。

EVO・TC・ミルウォーキーエイトなどの新しいハーレーに、鼓動感を感じにくいわけは、軽量化されたフライホイールが一番の原因です。

年式の新しいハーレーは高速道路の制限速度アップや、ライバルメーカーに負けない為にフライホイールを軽量化させてきました。

フライホイールは軽量のほうが、アクセルレスポンスや加減速がよくなるためです。

しかし、レスポンスが良すぎると、シビアなコントロールが必要になり、ハーレーらしいおおらかなドライビングが出来なくなってしまいます。

以下のフライホイールのヘビーウエイト化で、年式の新しいハーレーに最高の鼓動感を与え、粘りのあるぶっとい低速トルクが手に入り、ハーレーらしく、とても優雅で余裕のあるツーリングが可能になります。

  1. フライホイールを重くするヘビーウエイトリングを装着
  2. 重いフライホイールを回すために、強い燃焼圧力を得る
  3. 重いフライホイールは、低いアイドリングでも安定して、力強く回転を続けられる
  4. そのため、低い回転数でも力強い低速トルクで、ドコッドコッとした鼓動感につながる

フライホイールが軽いミルウォーキーエイトなどの、新しいハーレーほど鼓動感を感じにくいのは、とうぜんの現象です。

ハーレーは長く乗れるバイクです。

足らなく感じれば、足らないものを加えて、自分にとって最高のハーレーにすることが可能です。

それでは、画像などをくわえて、詳細に説明したいと思います。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

鼓動感はフライホイールにヘビーウエイトリング溶接であがる

ハーレー 鼓動感

ハーレーの魅力は低速トルクと、鼓動感といわれる感性に訴えかける魅力があります。

その魅力に大きく関係しているのが、あの古めかしい円盤状の重いフライホイールです。

重いフライホイールは、強い回転エネルギーを生みだすことができます。

おなじ大きさなら重いほうが、慣性モーメントが強く鼓動感も強い。

EVO・TC・ミルウォーキーエイトで薄くなったと言われた鼓動感を、フライホイールのヘビーウェイト化で取り戻せる

もともとあるフライホイールに、ヘビーウエイトリングを溶接で接合させます。

ハーレー ヘビーウエイトリング フライホイール

すでに重いフライホイールのショベルヘッドなら、強い燃焼圧力でよりハーレーらしさが実現できます。

重いフライホイールを力強く回すために強い燃焼圧力が必要

ハーレーの鼓動感のあげ方

重いフライホイールを回すには、力強くピストンを押し下げる必要があります。

そのためにはエンジンの吸気量を増やす。

エンジン出力は吸気できる混合気の量で決まるため、できるだけ多くの混合気を吸気させ、効率よく燃焼させます。

吸気量を増やすための代表的なチューニングは、下記があげられます。

  • 吸気効率の高いシリンダーヘッド
  • 多くの混合気を吸気できるハイカム
  • 多くの空気を吸気できるビッグボアスロットルボディ
  • キャブレター・インジェクションチューニング

これらで生まれた燃焼圧力を、無駄なく伝える低フリクションピストンで、さらに効果を引き上げてくれます。

ハーレーの鼓動感のあげ方

重いフライホイールで、アクセルレスポンスの低下や、加減速が鈍くなるデメリットがでますが、燃焼圧力を強めることでデメリットは簡単に解消できます。

  • 鼓動感と低速トルクは、モデルに関係なくエンジンチューニングで出せる
  • 重いフライホイールに強い燃焼圧力で、ハーレー史上最高の鼓動感と、低速トルクを手に入れる事ができる
ハーレー ボアアップ
【驚異のピストンスピード】ハーレーこそ最先端の鍛造ピストンが必要!ピストンに求められる性能と、交換によって得られる味わいについてお伝えします。 イメージとはことなり、ハーレーのピストンに求められる...
ブランチヘッド
シリンダーヘッドの高効率化でボアアップせずに馬力・トルクがあがる!ハーレーの最大の魅力はエンジンです。 しかし、実際に乗ると排気量のわりに、トルクがないと感じる方は多いと思います。 主な理由...

ハーレーがバランサーとラバーマウントを採用した理由

ハーレー リジッドマウント ラバーマウント
※写真左はボルトでエンジンをマウントしている。右はラバーでエンジンとマウントしている。

ハーレーダビッドソン社が、バランサーとラバーマウントを採用したひとつの理由に、クランクから発生する不快な高周波振動をなくすためです

※クランクから発生する高周波振動が増えた理由は、生産性向上のため、クランクのバランス取りと、芯出しの精度を下げたためです。

ハーレー バランサー 外す

クランクのバランス取りとシャフトの芯出しの精度を上げれば、不快な振動はなくなり、バランサーは必要なくなります。

バランサーを外してしまえば、うすまったと言われた鼓動感とパワーを取り戻せます。

ハーレー バランサー 外し




まとめ

EVO以降、薄まったといわれた鼓動感を、フライホイールにヘビーウエイトリングを取り付けて重くすることで、簡単に取り戻せる。

以下に重要なポイント点をまとめてます。

  • 鼓動感や低速トルクが薄くなっているのは、フライホイールを軽くして、アクセルレスポンスや加減速をよくするための、近年のハーレーの特徴
  • 鼓動感や低速トルクをあげるには、軽いフライホイールを重くすることで手に入る
  • 重くしたフライホイールのデメリットは、レスポンス、加減速の低下につながる
  • しかし、デメリットのレスポンスや加減速は、強い燃焼圧力で簡単にもどせる

ショベルヘッドなら、オーバーホール時期が近づいてたら、燃焼圧力を強めるチューニングをして、さらなる味わいを深めるのは面白いと思います。

劣化した部品を変えて新車のように戻すのも良いですが、当時のエンジニアが達成できなかったパフォーマンスとテイストを、手に入れるのも良いと思います。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。