ヘルメット

【ハーレーだからフルフェイスが似合う!】カスタム別におすすめを紹介

ハーレー ヘルメット クラブスタイル

カスタムスタイル別の「おすすめフルフェイス」を紹介します。

ほんの少し前まで「ハーレーにフルフェイス?ダサいよ」なんて言われていた時代がありました。

しかし、いまはクラブスタイル・HOGG(ホッグ)・バガー・カフェレーサー・ニュースクール・オールドスクールなど、さまざまなスタイルでハーレーにフルフェイスが当たり前になっています。

シンプソン・AGVからも新作が発売され、ハーレーにフルフェイスが世界的なトレンドになりつつあり、旧車にも波及しています。

シンプソン フラップ システム AGV ハーレー フルフェイス

2019年モデルに登場したFXDR114に代表されるように、ハーレーは伝統を守りながらアグレッシブなスタイルも取り入れ始めています。

ミルウォーキーエイト 鼓動感

もうすでに、パフォーマンス系のハーレーに半帽はミスマッチかもしれません。

「ハーレーにフルフェイス?」なんて言われてた時代は、完全に終わりました。

それでは、カスタムスタイル別に人気のフルフェイスを紹介します。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

SHOEI・ICON・AGVはフルフェイスで人気急上昇のメーカー

ハーレー おすすめ ヘルメット

海外メーカーで人気が急上昇なのが、エクストリーム系のICONと、レーサー系のAGVです。

このメーカーとハーレーがマッチするようになったのは、クラブスタイル、HOGG(ホッグ)を代表するスピードクルーザー、エクストリーム系のカスタムに人気が集中した結果です。

日本メーカーだとSHOEIのZ-7に人気が集中しています。

形が流線形でコンパクトで、ステッカーを剥がせることもありペインターにも人気があります。

本場アメリカの定番のフルフェイスは、やはりシンプソンとBELLがメジャーです。

クラブスタイルはマットブラックにミラーシールドが鉄板

ICON エアフレーム カーボン ゴースト

ハーレー おすすめ ヘルメット

ブラックでカッコよさを出すのは、カスタム業界では一番難易度が高いですが、このICONのゴーストカーボンは、実際にみると素晴らしくかっこいいです。

カーボンを強く象徴していなく、薄くデザインが入っているので、象徴しすぎない感じがカーボンのレーシーさと、デザインを引き出している素晴らしいヘルメットです。

高額ですが、クラブスタイルを代表するスピードクルーザーに、ベストマッチです。

シルバーも質感が極めて高くて、本当にカッコよいです。

クラブスタイル ヘルメット

新作のICON AIRFLITE

ハーレーに似合うICONのフルフェイス

この新作のAIR FLITEの特徴は、シールドがあご下までおりてくるので、ミラーシールドを装着すると、今までにない雰囲気でかなりカッコよいです。

 

View this post on Instagram

 

Nick Wilsonさん(@nawilsonz28)がシェアした投稿

ハーレー フルフェイス

クイックシルバーはメタリックのペイントに傷が入っているイメージで、質感もかなり高い。

定番のマットブラックを避けたければ、かなりおすすめのヘルメットです。

AGVはパフォーマンス系でラグジュアリーなハーレーに似合う

ハーレー おすすめ ヘルメット

クラブスタイルを代表するハイパフォーマンスハーレーに、AGVはふさわしくラグジュアリー感もあります。

AGVはおもにレース業界で有名で、バレンティーノ・ロッシが使用していることで、GP好きなら憧れるメーカーです。

しかも、ツーリングの快適性も追求したシステムヘルメット(モジュラータイプ)も発表されました。

世界初のフルカーボンのモジュラータイプ。

クラブスタイルにおすすめのAGVのカーボンヘルメット

システムヘルメットなのにコンパクトでスタイリッシュ、さすがですね。

もちろんジャパニーズフィットもあります。

SHOEI Z-7では日本メーカーでダントツの人気

ハーレー おすすめ ヘルメット

正面のステッカーをはがせることもあり、カスタム向きでペインターからも人気が高い。

海外メーカーと比べると圧倒的にコンパクトです。このコンパクトさは日本メーカーしか作れません。

さすがプレミアムブランドSHOEIです。

シールドは鉄板ですが、ミラーのシルバーかブラックです。

日本のアパレルブランドの、ブラックパレードはクラブスタイルで勢いがあります。

バイクの作り方にアパレルなど、とても参考になります。

クラブスタイルのヘルメットについては、詳細な記事がありますので、こちらの、クラブスタイルに似合うヘルメットはパフォーマンス系!を読んでみてください。

クラブスタイルのおすすめのヘルメットはアイコン
スピードクルーザーのクラブスタイルに似合うヘルメットは【パフォーマンス系!】ハーレーのクラブスタイルのおすすめのヘルメットを紹介します。 クラブスタイルはパフォーマンスを上げたハーレーで、町中やハイウェイを...

シンプソンとBELLはオールドスクールからニュースクールまで絶大なる人気

ハーレーに似合うオールドスクールのフルフェイス

BELLは、デザインが豊富で、最先端の超軽量カーボンフルフェイスから、ビンテージMOTO3までそろえてあるメーカーです。

ビンテージバイク好きも、GP好きもみんな憧れるBELL。

ローランドサンズがデザインしているヘルメットもBELLです。

ハーレー フルフェイス
画像元:http://www.norix.ca

シンプソンは、ハーレーのオールドスクールからパフォーマンス系の、すべてのスタイル・ジャンルで似合うアメリカのメーカーです。

説明不要の圧倒的な存在です。

シンプソンから新作の「MOD Bandit」です。

日本での発売が本当に待ち遠しいです。

シンプソン フラップ システム

HOGG(ホッグ)は同系色系のシステムヘルメット

ハーレー フルフェイス

HOGG(ホッグ)は黒人のエクストリーム系のハーレーで、見た目だけではなく、走りにも重点を置くスタイルです。

日本でも人気が急上昇してます。

HOGGのようなパフォーマンス系のヘルメットは、当然フルフェイスで、ベースはシステムヘルメット(モジュラータイプ)が多い。

カラーは車体と同系色、またはおなじペイントで合わせるのが本場のスタイルです。


画像元:http://dissizit.com

アメリカ発祥のスタイルだけあって、ジェットヘルメットの機能的・合理的な点と、フルフェイスの安全性とペイントで、個性を主張できるシステムヘルメットに人気があるのでしょう(海外ではモジュラー、フリップアップシステムと呼ぶ)

日本メーカーならSHOEI、海外メーカーだとやはりアメリカのBELLでしたが、とうとうシンプソンからもシステムヘルメット(モジュラー)が発売されました。

シンプソン フラップ システム

日本に入るまで時間はかかると思いますが、実物を早くみたいですね。

カフェレーサー走り派にはフルフェイス率が高い

BELLは世界初のフルフェイスメーカー

ハーレーのカフェレーサーにおすすめのフルフェイス

現在のカフェレーサーのブームを作ったのは間違いなくローランドサンズです。

レーサーでもあるローランドサンズは、AMAのチャンピオンでもあります。

毎年新しいグラフィックのフルフェイスをリリースしています。RSDコレクターが多いことでも有名です。

SPYなどのサングラスなど、多くのファッションブランドとコラボアイテムも多いです。

AGV初のフルフェイスヘルメットX3000の復刻

AGV ハーレー フルフェイス

AGV初のフルフェイスの復刻「AGV レジェンズ X3000」です。

AGVだけあって中身も最新のテクノロジーを使用し、曇防止のピンロックシールド・取り外し可能な内装・熱がこもりづらい心地よいベンチレーション。

しかも、カラーがめちゃくちゃ豊富で、デザインがオシャレ過ぎます!

さすがイタリアです。

まとめ

10年前までは、フルフェイスをかぶっている人は少なかったですね。

ドラッグスタイルや、カフェレーサーはフルフェイスでしたが、全体としては少なかったです。

いまやハーレーにフルフェイスが当たり前のようになってきたのは、やはりパフォーマンス系ハーレーの人気にあると思います。

100馬力をこすようなカスタムも当たり前になってきているので、ハーレーに半帽の方がミスマッチかもしれません。

フルフェイスは、材質、デザインなど豊富でペイントの自由度も広いので、ハーレーで個性を出す選択肢が多くなってきました。

フルフェイスは安全性はもちろんですが、自分のスタイルとハーレーのスタイルを両立するためにもベストな存在になりました。

日本で販売されていないレアなヘルメットがほしい場合は、セカイモン(世界最大のオークション)で探すと見つかります。

詳しくは、こちらの、【ハーレーパーツの個人輸入・海外通販】初心者はセカイモンを利用しよう!を読んでみてください。

ハーレーのカスタムパーツの個人輸入はセカイモン
【ハーレーパーツの個人輸入・海外通販】初心者はセカイモンを利用しよう! 海外から、最新のカスタムパーツを安く買いたい! でも、どうやって買えばよいかわからない 日本で手に入らない貴重なビン...

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。