エキゾースト

【買わなくてもわかる!】重低音からレーシーな乾いた音のマフラー選び

ハーレー重低音マフラーからレーシーなサウンド
  • ハーレーのマフラー音を、自分の好きな音にしたいけど、どのマフラーを買えば良いかわからない
  • マフラーを試聴させてくれるところはないので、購入前に音の傾向を知りたい

こういった疑問にお答えします。

音は実際に聞かないと、わからないと思うかもしれませんが、楽器と同じようにマフラーの音にも傾向があります。

マフラーの材質や厚さ、長さなどの違いで、音量・音質が変わる

その傾向がわかれば、買わなくても音質が推測できるようになる

マフラーは安い買い物ではないので、好みの音かわからないで購入するのは、リスクがあります。

実際、私の周りに何本も買ったという人が結構います。

しかし、楽器と同じように、マフラーも音の傾向がありますので、買わなくても推測はできます。

それでは、見た目でわかるマフラー選びをご紹介したいと思います。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

マフラーの音質・音量の傾向

スポーツスター マフラー 乾いた音

これから紹介するマフラー音の傾向は、比較しやすように同じメーカーで説明します。

傾向がわかれば、他のメーカーにも応用できます。

説明するメーカーはバンス&ハインズ(VANCE & HINES)です。

さまざまなスタイル・デザインで豊富なレース実績があり、ハーレーの世界で1番人気のあるマフラーメーカーです。

ハーレーらしい人気の重低音マフラー

ハーレー 重低音
  1. スチール製
  2. 材質の厚さは肉厚
  3. エキパイ径は太い
  4. エキパイはノーマルより長い(短いと爆音系)

ツーリング・ソフテイル・ダイナ・スポーツスターの、全てのモデルで人気があります。

エキパイが太く肉厚なので、重低音を響かせる。加えて管長がノーマルより長いため力強い低速トルクが発揮されます。

レーシーな乾いた音(低音)

ハーレー 重低音
  1. ステンレス製、チタン製
  2. 材質の厚さは肉薄
  3. エキパイ系は細い(コンペティションは太いが、ステンレス製で肉薄の為、レーシーな乾いた音)
  4. エキパイはノーマルと同じぐらい(短いと乾いた爆音系)

スポーツスターや、ハイパフォーマンス系のツーリング・ソフテイル・ダイナで人気があります。

コンペティションの名前の通りパフォーマンス系のマフラーで、マフラーが太く短いため、高回転てパワーが出てリニアなアクセルレスポンスが特徴です。

刺激的な爆音マフラー

ハーレー 重低音
  1. スチール製
  2. 材質の厚さは肉厚
  3. エキパイ径はノーマル(太いと重低音)
  4. エキパイは短い(ノーマルの長さだと重低音系)

ツーリング・ソフテイル・ダイナ・スポーツスターの全てのモデルで人気があります。

エキパイが細く短いのは爆音です。

バンスアンドハインズの爆音ランキングがあったとすれば1位です。

細いので高回転でパワーは出しにくいですが、アクセルレスポンスが良いため走っていて気持ちの良いマフラーです。

低速トルクが強くこもった音

ハーレー こもった音
  1. スチール製
  2. 材質の厚さは肉厚
  3. エキパイ系は細い
  4. エキパイはかなり長い

エキパイが長いタイプは、低回転から力強いトルクが発生します。

排気慣性があるためリニアなアクセルレスポンスはありません。

しかし、力強い低速トルクと相まって、空冷エンジンらしいおおらかな走りができます。

チョロ・チカーノスタイルで、人気のフィッシュテールはこもった低い音がする(下記の長さは36インチ)

ハーレー チョロ

M8のフィッシュテールは現在、上記のバッサニとサムソンのみです。

4つの音量・音質の傾向は、メーカーに関係なく共通ですので、他メーカーでも当てはまります。

材質・エキパイ径、長さからみた音質の傾向

マフラーの材質で変わる音質

サンダンス ボマー
  • スチール製:重低音ですが、肉薄だと回転数にともなって、スチール特有の高音が発生する。
    排気量が小さいと高音が発生する傾向がある。
  • ステンレス製:排気量に関係なく、どの回転域でも重低音(サンダンス ボマーが典型的)

スチール・ステンレスともに肉厚くなると、重低音に変化していきます。

サンダンスのボマーは、ステンレス製で肉厚なため、低回転から高回転まで重低音を出す代表的な重低音マフラー。

※同じ厚さなら固い素材ほど低音になります。
スチール < ステンレス < チタンの順で固くなり、同じ厚さならチタンが重低音になります。
しかし、マフラーでチタンを使用するケースは、薄くても強度を保てるために使用されます。
結果チタンマフラーはレーシーな乾いた高音になります。

エキパイ径が太くなると重低音になる

抜けの良いマフラー ハーレー
  • 細い:低音になり、低速トルクが出る
  • 太い:重低音になり、高回転時にパワーが出る

エキパイが長いと低速トルクが強く、こもった音になる

ハーレー 独立管 メリット

エキパイの長さにより特性が変わります。

  • 短い:乾いた爆音で、高回転でパワーが発揮されます。
  • ノーマルと同じ:重低音で、バランスが良い。
  • 長い:こもった重低音、低速トルクが出る。
ハーレー 独立管 メリット
【高出力マフラー】ハーレーの独立管は排気干渉がなくメリットが大きいハーレーで高出力を狙う場合は、排気干渉と無縁の独立管がベストです。 どのエンジン型式でも排気干渉のあるマフラーは、抜けが悪くなり吸...

スリップオンの音質・音量の傾向

クロームワークス 重低音

スリップオンで、純正スタイルを大事にし適度な音量を求めている方は、スクリーミンイーグルか、北米マフラーを選んでいます。

音量に物足りない方はクロームワークスを選択しています。

クロームワークスの音質・音量の傾向

  • 3インチ :重低音で、2.5インチと比べたら、少し音は抑えめで重低音
  • 2.5インチ:爆音・低音で、3インチと比べたら、音は大きめの低音(スポーツスターで、アクセル開け気味だと、肉薄のため高音が追加される)

クロームワークスは刺激的な爆音です。バンスアンドハインズのショートショットと同等です。

クロームワークスについて、詳細な記事がありますので、こちらの、【重低音】スリップオンで評判の高いクロームワークスの特徴も読んでみてください。

クロームワークス 重低音
【重低音】スリップオンで評判の高いクロームワークスの特徴スリップオンマフラーで、迫力のある重低音で人気の高いクロームワークスについて紹介します。 ハーレーの魅力のひとつがエンジンから発生...

スクリーミンイーグル・北米マフラーの音質・音量の傾向

ハーレー 北米マフラー 音量 音質

音質は、クロームワークスと同じような重低音で、音量は北米マフラー < スクリーミンイーグル < クロームワークスという感じです。

音質は、北米マフラーよりスクリーミンイーグルの方が重低音です。

北米マフラーは日本仕様の音質と同じで、音量が少し大きくなる程度です。純正イメージを大事にしたい方におすすめです。

まとめ

ここまで「重低音からレーシーなサウンドまでのマフラー選び」について、説明しました。

以下に、重要なポイントをまとめています。

マフラーを見た目で推測できるポイント

以下の特長をもったマフラーが、一般的に販売されている

  1. 太くて短いマフラーは、大きな音の重低音で、高回転でパワーが発揮され、アクセルレスポンスも良い、パフォーマンスマフラーに多い
  2. 細くて、ノーマルと同じぐらいの長さのマフラーは、ほどよい重低音で、ハーレーらしい低速トルク向きのマフラーが多い

音質はマフラーが太くなるにつれて低くなる。

  • 太いマフラーほど重低音になり、高回転でパワーがでる
  • 細いマフラーほど低音になり、低速トルクがでる

上記にくわえて、材質の厚みがあるほど重低音になっていく。

音量はマフラーが短くなるにつれて大きくなる。

  • 短いマフラーほど爆音になり、高回転でパワーがでる
  • 長いマフラーほどこもった音になり、低速トルクがでる

最近は見なくなってしまいましたが、歯切れのよいマフラーは、先がしぼっているマフラーです。

こういった傾向を知った上で、ミーティングなどで、他のマフラーを観察して聞くと、見た目で音質・音量がわかるようになってきます。

さらに性能を加えて考察すると、もっともっとハーレーの面白さにハマると思います。

ぜひ、マフラー交換で空冷大排気量エンジンの魅力を開放してください。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。