エキゾースト

【ハーレー北米マフラー】パンチアウト加工と燃調で鼓動感もパワーもあがる!

ハーレー純正の北米マフラーをパンチアウト加工して燃調もすると、音量とパワー、トルク、鼓動感もあがると言いますが、本当ですか?

本当です。

ハーレー純正の北米マフラーをパンチアウト加工したり、抜けの良いスリップオンマフラーにかえ、多くの排気ガスを排出させれば、多くの空気をエンジンに吸気することができます。

その空気に見合ったガソリンを供給(燃調)すれば、強い燃焼を生むことができ、音・鼓動感とともにパワーがあがります。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

ハーレーの純正マフラーの役割

ハーレー パンチアウト 鼓動感

マフラーの役割は、下記があげられます。

  1. 排気ガス・熱からライダーを守る
  2. 環境対策(排気音量低減・排出ガスのクリーン化)
  3. エンジンの性能を変える

北米マフラーをパンチアウト加工と燃調、鼓動感の関係

北米マフラー 鼓動感

ノーマルのサイレンサーが入っているスリップオンマフラーの役割のひとつは、排気音量を低減するためです。

サイレンサーは排気抵抗を増やして音量を下げますが、排気抵抗が増えると出力が落ちてしまいます。

サイレンサーが入っていない抜けの良いマフラーや、サイレンサーの穴を大きくするパンチアウト加工は、排気抵抗が減らせます。

ハーレー 抜けの良いマフラー

排気抵抗が減れば、排気ガスがスムーズに多く排出させることができ、音量とパワー、トルク、鼓動感があがります。

人間の呼吸と同じで、大きく吐くと、大きく吸い込むことができます。

1. マフラーでスムーズに多く排出する

2. 多く排出させれば、ハイフローエアクリーナーで、多くの空気を吸い込むことができる

3. 多くの空気とガソリンをエンジンの中に吸気させ、混合気にあったガソリン量を供給(燃調)させて燃焼させれば、強い燃焼圧力を生むことができる

ハーレー 燃調とは

以上の3つ(マフラー・エアクリーナー・燃調)をバランスよくカスタムすると、音・鼓動感とともにパワーがあがります。

さらに、ガソリンが薄い状態から、適正な状態になるので、エンジンの異常加熱がおさえられ、エンジンにとっても、ライダーにとっても快適な状態になります。

ガソリン量を変更する燃調については、詳細なインジェクションチューニングの記事がありますので、こちらの、【最新2019】おすすめのインジェクションチューニングを比較する!を読んでみてください。

2019最新のハーレーのインジェクションおすすめ
【2019】おすすめのインジェクションチューニングを比較する! インジェクションチューニングしたいけど、どれを選んだらよい? チューニング費用はどれくらいするの? どのチューニ...

まとめ

鼓動感をあげるには、下記の3点が重要です。

鼓動感もパワーもあがる
  • 北米マフラーをパンチアウト加工したり、抜けの良いスリップオンマフラーにかえる
  • たくさん吸えるハイフローエアクリーナーに変える
  • 増えた空気に見合ったガソリンを供給するインジェクションチューニング(燃調)

吸排気と燃焼が良いバランスで行えていれば、鼓動感とエンジン出力が向上します。

ハーレーの魅力はエンジンです。

ぜひ、その魅力を引き出しましょう。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

ハーレー 2in1 マフラー
【買わなくてもわかる!】ハーレーのマフラーの太さで馬力がわかるエンジン特性を変える重要なポイントが、マフラーの長さと太さです。 太いマフラーにしたら、抜けが良くなって低速トルクがなくな...


H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。