エキゾースト

【ハーレー走り派必見】2in1マフラーで馬力・トルクアップのポイント

コンペティション スポーツスター マフラー

ハーレーの豪快な加速を、さらに引き上げたいと思っている方は、排気干渉の少ないマフラーがパフォーマンスが一番高いです。

ハーレーで排気効率を高めるには、以下のマフラーがパフォーマンス向きです。

  • 排気干渉が起こらない、ドラッグパイプ
  • 2in1で集合部をしぼらない

クラブスタイルや、バガー・HOGG(ホッグ)・カフェレーサーなど、パフォーマンス方面にも人気が向上し、抜けの良い2in1のマフラーが多く発売されるようになりました。

しかし、実際に売られている2in1マフラーは、直列4気筒とおなじ手法の、集合部を強くしぼった排気干渉のつよいマフラーです。

直列4気筒の2in1の集合管は、排気脈動で圧力差がうまれ、お互いに排気の流速を高められるからこそしぼるメリットがあります。

スポーツスター フルカスタム 費用

メリットがあるエンジン形式は、排出タイミングが異る4気筒エンジンで、性能面だけでいえば、同軸クランクのハーレーにメリットはありません。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

馬力・トルクがあがるマフラーの形状

  • 集合部はしぼらない・または適度にしぼってある
  • しぼった場合は、サイレンサー部に充分な容量が確保してある
  • 低回転でパワーを発揮させるには、長いマフラーが必要
  • 高回転なら、短いマフラーのほうがパワーが出る

マフラーの音質に関しては、詳細な記事がありますので、こちらの、【買わなくてもわかる!】重低音からレーシーなサウンドまでのマフラー選びを読んでみてください。

スーパートラップ

ハーレー 2IN1 マフラー

マフラー出口に皿を重ねることにより、排圧とサウンドウェーブで排気効率と消音効果を高めれれる。ハーレーを研究しつくした実績のあるメーカーです。

3,000回転以下でもパフォーマンスが出すことができ、高回転時には排気効率が高まり全域においてパフォーマンスが高い。

サンダンス ハイパーオレンジⅢ

スポーツスター 馬力 ハイパーオレンジ
04以降のスポーツスターでは、車体とエンジンがラバーで繋がられているため、マフラーを長くできないため、03までのようなパフォーマンスマフラーはほぼありません。

しかし、サンダンスのハイパーオレンジⅢは、しぼりもなくマフラーも長い、ハイパーオレンジと同じく排気干渉が非常に低く、全域においてパワーが持続する。

バンク角は多く取れませんが、ラバーマウントモデルではトップクラスのパワーを発揮します。

詳細:サンダンス ハイパーオレンジⅢ

D&D

ハーレー マフラー 馬力
デザイン・パフォーマンスともに評価が非常に高いのがD&Dです。

D&Dは、排気量やカスタムエンジン、ボアアップエンジン用に設計されていて、他社メーカーのような汎用品でないことが研究開発している証です。

パフォーマンス系に強いショップでの使用率は非常に高い。

BOBCATはサイレンサー部の溶接があまかったですが、現在は改良されています。

少し強めに絞っているので、低回転域(2,500回転)で谷が多少出てパワーが落ちます。

D&D パフォーマンス エキゾースト カタログ

サンダーヘッダー

サンダーヘッダー
低回転から高回転までトルクが安定するサイレンサーを特徴としています。

サイレンサー内にタービンの要素を利用した構造があり、トルクカーブが高回転域まで持続する珍しいマフラーです。

音質は名前の通り重低音のバリバリ音が発生します。そういった意味でも非常に人気が高く、スポーツスターからV-RODまで装着しているかたは多いです。

クラブスタイルなら、このマフラーを選択肢から外すことは出来ないほどメジャーです。

インジェクションチューニングは難易度高めです。

バンスアンドハインズのコンペティション

ハーレー 2in1 マフラー コンペティション

低速トルクではなく、高回転でのパワーを狙ったのが、バンスアンドハインズの「コンペティション」です。

マフラーは短いと排気慣性は強くならないので、アクセルレスポンスが良く、高回転・高出力の特性を持つようになります。

材質はステンレスの肉薄のため、軽量でレーシーな乾いた音です。

まとめ

マフラーのパフォーマンスを引き出すには、インジェクションチューニングは必須です。

インジェクションチューニングについては、詳細な記事がありますので、こちらの、【最新インジェクションチューニング】馬力から費用や車検まですべてを解説!を読んでみて下さい。

今回紹介したは、全域でパフォーマンスが高く、実績もあるマフラーです。

しかし、完璧ではありません。

  • 全域においてパワーはあるが、高回転が伸びない、または低速トルクだけが薄い
  • 高回転でのレスポンスがは良いが、低回転では良くない

などがあるので、一概にこの形状が絶対にベストというものはありません。

しかし、多くの情報を集めれば、上記のメーカーのような形状のマフラーが、排気効率が高く、高出力を発揮するのが客観的に表れる思います。

自分が感じるハーレーの魅力を引き上げ、空冷大排気量エンジンを楽しみましょう。

ハーレー 2in1 マフラー
【買わなくてもわかる!】ハーレーのマフラーの太さで馬力がわかるエンジン特性を変える重要なポイントが、マフラーの長さと太さです。 太いマフラーにしたら、抜けが良くなって低速トルクがなくな...

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。