エキゾースト

【高出力マフラー】ハーレーの独立管は排気干渉がなくメリットが大きい

ハーレー 独立管 メリット

ハーレーで高出力を狙う場合は、排気干渉と無縁の独立管がベストです。

どのエンジン型式でも排気干渉のあるマフラーは、抜けが悪くなり吸気効率が下がってしまいます。

ハーレー用の2in1で絞りの強いマフラーは、デザインや音質を優先したマフラーです。

しかし、排気干渉は出力においてはデメリットが多いですが、アメ車のV8や水平対向エンジンなどのドロドロ音は、排気干渉が生んでいるので音質の面ではメリットはあります。

ハーレーは音質に加えてデザインも重要なります。

今回は、独立管の出力面のメリットについて解説します。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

排気効率をあげるには排気干渉をさける

マフラーは抜けが良いほど、排気効率が高くなり、それにともない吸気効率も上がります。

エンジン出力は吸気できる混合気の量で決まります。

つまり、たくさん排気できれば、たくさんの空気を吸気できるので、エンジン内が混合気がで満たせます。

D&D bobcat sportster

上図の集合部では排気ガス同士がぶつかり、その箇所の圧力が高まり排出されにくい状態になります。

どちらかのエキゾーストバルブが完全にしまっている状態で、排出されれば排気効率は高くなりますが、排気の重なるタイミングがあると吸気効率も下がります。

同軸クランクのハーレーにとって、2in1の絞りの強いマフラーは排気干渉が強く、吸気量を増やせないため、出力においてメリットは少ないです。

集合管のメリットがあるエンジン形式は、排出タイミングが異る4気筒エンジンです。

排気干渉させずに集合させ、お互いに排気の流速を高められるからこそ、しぼるメリットがあります。

独立管は排気干渉と無縁なので、パイプ径・長さなどでパフォーマンスを変えるには適している。

バンク角を稼ぐためには2in1の方が上げやすいので、その場合は集合部を絞らない形状にすれば、バイクの運動性能も上げられます。

高回転のみを使用する場合は、太くて短いエキパイが必要

たとえば、ドラッグレースのようなシンプルなレースでは、距離が決まっているので使用回転域も決まってきます。

使用回転域が決まれば、その回転域で排気効率が高くなるように設計します。

排気脈動の波長は、エキパイの太さと長さで決まります。

  • エキパイが短ければ波長は短く、長いと波長も長くなる
  • エキパイが太ければ波長は短く、細ければ波長は長くなる

つまり太くて短いエキパイなら、高回転で出力が高くなる。

排気脈動とは、エキゾーストバルブが開閉るすことにより、エキパイの中で圧力の高い箇所と、低い箇所が生まれる

反対に低速トルク重視であれば、エキパイは細く長くする。

上記の傾向を知っていれば、見た目でマフラー性能が推測できたり、製作依頼する場合も参考になると思います。

ただ、ラバーマウントモデルは管長を長くしにくいのが難点です。

ラバーマウントは、エンジンと車体で異なる振動を起こすので、長いほどステーや溶接箇所にクラックが入りやすくなります。

まとめ

独立管でも2in1でも排気干渉がなければ、パイプ径や長さの調整で高出力は出しやすいです。

・高回転・高出力向き

・低速トルク向き

排気干渉は車も含めて、干渉させないように集合させますが、スバルのボクサーエンジンのようにドロドロ音をだすには、排気干渉が必要です。

ハーレーは音質に加えて、デザインも求められますので、排気干渉をうまく利用するメリットも多くあります。

こちらで、重低音からレーシーなサウンドまでのマフラー選びを、詳細に解説しています。

ハーレー重低音マフラーからレーシーなサウンド
【買わなくてもわかる!】重低音からレーシーな乾いた音のマフラー選び ハーレーのマフラー音を、自分の好きな音にしたいけど、どのマフラーを買えば良いかわからない マフラーを試聴させてくれると...

今回は出力のみに絞りましたが、公道仕様であれば消音・排出ガス対策が加わります。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。