エキゾースト

【ミルウォーキーエイト】重低音のマフラーから乾いた音までの選び方

ミルウォーキーエイト 音量
  • ミルウォーキーエイトのマフラーを交換したいけど、どれを買ったら理想の音になるのか?
  • 音量や音質などの傾向を買う前に知りたい!

こういった疑問にお答えします。

ミルウォーキーエイト対応のマフラーがだんだんと増えてきました。

しかし、マフラーごとにデザインや構造がことなり、その違いで音量や音質が変わってくることはあまり知られていません。

人によってはマフラーを何本も買って「やっと理想の音にたどり着いたよ」という方もいます。

しかし、マフラーは見た目や材質で、ある程度は音量も音質もわかります。

この記事では、音量や音質の傾向を買わなくても、推測できるように解説し、馬力やトルクにどう影響するかもお伝えします。

傾向がわかれば、遠回りせずに理想の音量や音質にたどり着けます。

それでは写真などを使用して解説します。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

マフラーの音量や音質の傾向

ミルウォーキー 重低音

音量や音質は、材質の厚さと長さが関係します。

同じ厚さで、スチールとステンレス製だと、ステンレス製の方が重低音になりますが、マフラーの材質でステンレスを選んでいるのは、薄くして軽量化目的のためです。

そのため、スチール製よりも乾いた音になる傾向があります(スチールと違い薄くても音割れはしない)

サンダンスのボマーなどは、ステンレス製の肉厚を使用しているので、極めて重低音です。

サンダンス ボマー

音量は短いと爆音になり、長いと重低音になります。

重低音マフラーの傾向

ミルウォーキーエイト 音量

重低音になるかどうかは、材質の厚さで決まります。

  • 肉厚のスチール製またはステンレス製
  • メッキもヒートガードも厚い
  • マフラーの全長は長い

バンスアンドハインズでいうと、クロームのプロパイプなどが重低音です。

ハイアウトプットのステンレス製は、スチールより薄く製作できるので、プロパイプより乾いた音に変化します。

肉薄のスチール製は回すと、音割れが発生することがあるので、重低音系のマフラーならヒートガードも含めて、厚みのあるタイプを選ぶのがベストです。

爆音マフラーの傾向

バンスアンドハインズ ショートショット

音量の大きさはマフラーの長さで決まります。

  • マフラーが短い
  • スチール製だと重低音の爆音
  • ステンレス製だと乾いたレーシーな爆音

バンスアンドハインズで言えば、ショートショットやミニグレネイドが爆音です。

ステンレス製の爆音だと、アップスイープです。

薄く製作されているため、レーシーな乾いた音質です(スチール製ではないので音割れはしない)

マフラー材質と長さで変わる音量や音質のまとめ

重低音マフラーと爆音マフラーの傾向

・重低音のマフラーの傾向

  • 材質とメッキ、ヒートガードが肉厚
  • ステンレス製は、同じ厚さならスチール製よりも重低音になる。しかし、一般的に販売されているステンレス製は、薄くして軽量化目的のため、乾いた音になる

・爆音の傾向

  • 重低音マフラーの傾向に加えて、短いと爆音になる

スリップオンなども含めて音量・音質の傾向を知りたい場合は、こちらの、【買わなくてもわかる!】重低音からレーシーなサウンドまでのマフラー選びを読んでみてください。

ハーレー重低音マフラーからレーシーなサウンド
【買わなくてもわかる!】重低音からレーシーな乾いた音のマフラー選び ハーレーのマフラー音を、自分の好きな音にしたいけど、どのマフラーを買えば良いかわからない マフラーを試聴させてくれると...

マフラーで変わる馬力・トルク特性

抜けの良いマフラー ハーレー

高回転・高出力を狙うなら、短いショートマフラー

短いマフラーは排気慣性が弱くなるので、アクセルレスポンスが良く高回転で馬力が発生します。

逆に低回転時は排圧がかからないので、低速トルクは弱くなります。

馬力型はバンスアンドハインズでいうと、以下のタイプです。

2バルブのツインカムから、4バルブのミルウォーキーエイトになって、エンジン特性が高回転・高出力タイプに変わってきています。

その特性を活かすなら、ショートタイプのマフラーがベストと言えます。

粘りのある低速トルクが欲しければ、長いロングタイプ

長いマフラーは排気慣性が強く働くので、低速トルクが強くなります。

逆に高回転では抵抗(排圧)が強くなってしまいパワーが持続しません。

バンスアンドハインズで言えば、以下のタイプです。

ミルウォーキーエイトの4バルブエンジンになって、さらに高回転型になったハーレーですが、鍛造のピストンスピードから計算しても、6,000回転ぐらいが限度です。

高回転型になったとは言え、ロングストロークエンジンの特性を活かすなら、ロングタイプのマフラーがよりハーレーらしいと言えるでしょう。

マフラーの口径の太さで変わる特性

ハーレー マフラー トルク

マフラーの口径で馬力・トルクの特性が変わります。

マフラーの口径で排圧が変わる

排圧は、ゴムホースの水まきをイメージするとわかりやすいです。

ゴムホースで水をまいているときに、ゴムホースをつぶすと水の勢いが強くなります。

次に、つぶした状態で蛇口をひねり更に水を出そうとしても、今度は抵抗になり水が出にくくなります。

これが排圧です。

マフラーの口径が細い:排圧が強くなるので、低速トルクが強くなる。しかし、高回転時には排圧が抵抗に変わり、パワーが持続しない。

ミルウォーキーエイト 音量

マフラーの口径が太い:高回転時に排圧がかかり、パワーが発揮する。しかし、低回転時は排圧がかからないので、低速トルクは弱い。

ミルウォーキーエイト 音量

排圧についての詳細な記事は、こちらの、【買わなくてもわかる!】マフラーの太さで馬力の傾向がわかるを読んでみてください。

マフラー形状で変わる馬力・トルク特性のまとめ

マフラーの長さで変わる馬力とトルク

・馬力型マフラーの傾向

  • ショートタイプのマフラーだと、アクセルレスポンスが良く、高回転時に排圧がかかり馬力が発生する

・トルク型マフラーの傾向

  • ロングタイプのマフラーは、排気慣性が強く働くので、粘りのある低速トルクが強くなる

マフラーでパワーを出したい方は、詳しい記事がありますので、こちらの、【買わなくてもわかる!】マフラーの太さで馬力の傾向がわかると、【走り派必見!】マフラーで馬力・トルクアップのポイントを読んでみてください。

ハーレー 2in1 マフラー
【買わなくてもわかる!】ハーレーのマフラーの太さで馬力がわかるエンジン特性を変える重要なポイントが、マフラーの長さと太さです。 太いマフラーにしたら、抜けが良くなって低速トルクがなくな...
コンペティション スポーツスター マフラー
【ハーレー走り派必見】2in1マフラーで馬力・トルクアップのポイントハーレーの豪快な加速を、さらに引き上げたいと思っている方は、排気干渉の少ないマフラーがパフォーマンスが一番高いです。 ハーレー...

まとめ

マフラーの音量や音質の傾向に加えて、形状によって馬力とトルクに、どう影響するか解説しました。

以下に重要なポイントを再度まとめています。

ミルウォーキーエイトのマフラー選び

音量・音質

  • 材質が厚いほど重低音になる
  • 短いと爆音になる
  • 同じ厚さなら、ステンレス製の方が重低音になる

馬力・トルク

  • 短いマフラーは馬力型
  • 長いマフラーはトルク型
  • マフラー径が太ければ、馬力型
  • マフラー径が細ければ、トルク型

記事で解説した内容のもと、ネットや雑誌などを見れば、ある程度はどういったマフラーかは推測できます。

さらにミーティングやイベント、ショーなど、ハーレーが集まる場所で観察すると、より効果的にマフラーの理解が深まります。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。