カスタムベース

【100馬力】スポーツスターで狙う!ボアップせずに狙う!

スポーツスターで100馬力を出す

スポーツスターはハーレーのまぎれもないレーサーです。

ラバーマウントになったことで、スポーツスターはツーリングバイクになった訳ではありません。

4CAMスポーツスターのポテンシャルは非常に高く、排気量アップに頼らずに74ci(1200)で100馬力だせます。

04以降のラバーマウントのスポーツスターで、100馬力の情報はほとんど出回っていませんが、100馬力は、特別なパーツも特別な技術も必要ではありません。

これから紹介するエンジンチューニングパーツで達成できます。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

スポーツスターで100馬力

スポーツスター ブランチヘッド

エンジンチューニングパーツ

スポーツスター ハイカム

ハイカムはN3です。

つまり、ピーキーではなく町乗りでも非常に扱いやすい標準的なカムです。

100馬力のチューニングパーツ
  • シリンダーヘッド:ブランチヘッド スポーツスター 1200
  • カムシャフト:アンドリュース N3
  • スロットルボディ:51mm HORSEPOWER INC (55mmはさらにパワーが出るが、レスポンスは少し落ちる)
  • ピストン:JE(低フリクションピストン)
  • エキゾースト:D&D bobcat
  • エアクリーナー:RSD タービン(社外品で吸気効率が一番高い)
  • ECM:twintec G4
スポーツスター ハイカム
性能と味わいに直結するハイカム!カムプロフィールと選び方エンジン特性を高出力に変える「ハイカム」とはどういうものなのか、カムプロフィールの読み方も含めて、詳しく解説したいと思います。 ハ...

馬力アップのポイントはシリンダーヘッド

ブランチヘッド スポーツスター

エンジンの心臓部はシリンダーヘッドです。シリンダーヘッドの高効率化なくして、飛躍的に出力を向上させることは困難です。

エンジンの馬力は、シリンダーヘッドで吸気できる空気の量で決まる。

馬力アップの課題は空気の損失をなくすことです。そのポイントは以下の3点です。

  1. ポート研磨(吸気通路)
  2. バルブシートカット
  3. 燃焼室の形状

どのようなエアクリーナー、ピストン、カム、マフラーでも、シリンダーヘッドが要です。

ハーレー ブランチヘッド ローコンプ
【シリンダーヘッドのローコンプ化】メリットは低速トルクと耐久性の向上であるハーレーの圧縮比ついて説明します。 エンジンの圧縮比を下げる「ローコンプ化のメリット」を知りたい 圧縮比を上げる「ハ...




72,000Kmのスポーツスターで94.7PS

  • 2009 スポーツスター
  • 排気量:1200CC(74ci)
  • レブリミット:7200rpm
  • パワー:94.7PS
  • トルク:11.6Kgm

走行距離 72,000Kmで 94.7馬力なので、20,000Km以内、またはチェーンドライブ化で5馬力程度はあげられます。

ガソリンに合わせた圧縮比なので、粘りのある低速トルクで、低回転でエンストさせようにもならないほどです。

しかもハイカムで吸気効率が向上し、4,000回転からの加速も力強く、72,000回転までパワー続きます。




まとめ

スポーツスターはラバーマウント(04~)になったことで、重量が上がってしまい、それまでのレーサーのイメージが薄まったと感じている方は多いと思います。

しかし、現在は、55mmのビッグボアスロットルボディに、インジェクションチューニングで、低回転から、高回転までキャブでは不可能な限界セッティングが可能です。

しかも、ラバーマウントなので、1200でも強烈な振動はなくなりました。

現行モデルも十分にスポーツ走行が可能で、トータルバランスはリジッドマウントモデルを超えていると感じています。

スポーツスター カフェレーサー
スポーツスターで本気のカフェ・レーサーの作り方足回りからエンジンチューニングまでの、本気のカフェレーサーのカスタム方法をお伝えします。 カスタムの順番は、足回りのベース性能を上...
スポーツスター フルカスタム
【知りたい!】スポーツスターのフルカスタム費用 ハーレーのフルカスタムの費用って、一体いくらぐらいだろう? こういった疑問にお答えします。 フルカスタムの定義は...

883も最高です。

他のハーレーより、2割近くもロングストロークエンジンで、あの独特のフィーリングに、1200では躊躇する回転数でも、どんどんエンジンを回してギアを積極的に選びながらワインディングを走る。

ワインディングでは、まさに883は水を得た魚です。

ハーレー パンチアウト 鼓動感
【883の心地よい鼓動感】ハーレーで一番のロングストロークエンジンだった883は2割近くも、他のハーレーよりもロングストロークエンジンです。 あの心地よいフィーリングは「883の超ロングストロークエンジ...

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。