カスタムベース

スポーツスターで本気のカフェ・レーサーの作り方

スポーツスター カフェレーサー

足回りからエンジンチューニングまでの、本気のカフェレーサーのカスタム方法をお伝えします。

カスタムの順番は、安全の面から足回りのベース性能を上げてからエンジンチューニングをします。

1200のスポーツスターはボアアップしなくても、腰上のエンジンチューニングのみで100馬力に達し、883ならあのフィーリングを残したままで80馬力は狙えます。

そのために、しっかりした足まわりを先にカスタムし走行性能、安全性を向上させます。

1. ベース性能をあげるカスタム

  • サスペンション:フロント・リアサスペンション
  • 軽量ホイール:F19・R18インチ
  • トレール量:トリプルツリー
  • ポジション:ハンドル・シート・ステップ
  • 駆動方式:チェーンドライブ

上記のカスタムで、安全性と走行性能がかなり向上するので、楽しく気持ちの良いスポーツスターになります。

2.エンジンチューニング

  • 吸気量の増加・ノッキング対策:ローコンプシリンダーヘッド・ハイカム・51mmビッグスロットルボディ
  • 低フリクション:ローフリクションピストン

1200なら100馬力を狙えます。

しかも耐久性、信頼性ともに純正を超える。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

レーサーカスタムでベースの性能をあげる

スポーツスター カフェレーサー カスタム セパハン

スポーツスターはエンジン性能をあげなくても、足まわりのグレードアップで相当面白くなります。

さらにモアパワーで楽しみたい場合にエンジンチューニングするのが、安全に長く楽しめるコツです。

フロント・リアサスペンション交換だけで劇的に楽しくなる

スポーツスター おすすめのサスペンションはクァンタム

ブレーキで、しっかりサスペンションが踏ん張り、コーナリング最中は常に路面を追従し、ギャップを超えたり、スライドしても路面を離さないサスペンションが必要です。

フロントサスペンションを社外のレーステック・ハイパープロ・トラックテックにかえるだけでスポーツ走行出来るようになります。

乗り心地も良く、ハーレー特有のプッシュアンダーもなくなります。

プッシュアンダーとは:コーナー手前でブレーキング時にフロントが沈み込んでしまい、後輪の押し出す力が強く外側に膨らんでしまう状態のことで、公道においてはかなり危険な状況につながります。

フロントサスペンション

スポーツスター おすすめのフロントサスペンション
  • レーステック
  • ハイパープロ
  • サンダンス トラックテック
スポーツスター おすすめのフロントサスペンション
ハーレーのフロントサスペンションを強化するとブレーキも強化される! フロントブレーキをかけたら、いきなりフルボトムまで、フロントサスが沈んだ! フロントサスが沈むだけで、フロントブレーキ...

リアサスペンション

ハーレー おすすめ リアサスペンション
  • ナイトロン
  • ハイパープロ
  • オーリンズ
  • サンダンス トラックテック
スポーツスターおすすめのサスペンション
ハーレーはフロント・リアサスペンション交換で劇的に乗り心地がよくなる サスペンションで乗り心地をよくしたり、走行性能をあげたいんだけど、どうしたら良い? こういった疑問にお答えします。...

上記のメーカーは日本の交通、道路事情に合わせたサスペンションを用意しています。

特に完全なるゼロから設計されたリアサスペンションのトラックテックは素晴らしいです。

フロントサスペンションとの総合的な走行性能は非常に高く、20万円弱のオーリンズの別体タンク付きと同等以上の性能を誇る。

・オーリンズ

フルアジャスタブルサスペンションの、S36PR1C1LとS36PR1C1LBが、あらゆる目的を達成できる汎用サスペンションです。

ハイパープロ・ナイトロンも別体タンクモデルで、セッティング幅が広いサスペンションがベストです。

リアサスペンションの”ベルトドライブ”でのショック長は360mm程度が限度。

バンク角を稼ぐためには、リアサスペンションのロング化が必要になります。

上記以上のショック長はチェーンドライブ化が必要です。

上記ショック長でも、ベルトドライブでは張りが強くなるため、サスペンションの動作が固くなります。

チェーンドライブにすれば、ベルトよりも食い込みや遊びが多いため、スイングアームの可動域が広くなります。

スイングアームのスムーズな動作で、サスペンションの性能を最大限に引き出せるようになります。

極端な例ですが、下記のように上げすぎると、一番張りがきつくなるスイングアーム水平時にはベルトがパンパンなり、サスペンションの動きがかなり固くなります。

スポーツスター カフェ ベルトドライブ

ベアリングの破損にもつながります。

スポーツスターはトレール量が最低限しか確保されていない

スポーツスター ハンドル ぶれる トレール

スポーツスターはトレール量が最低限しか確保されていないため、ノーマルでもトレール量の最適化が必要です。

トレール量の減少は、まっすぐ走っているだけでハンドルが振られたり、ギャップのきっかけなどで起こります。

スポーツスター ハンドル ぶれる トレール

経験されたかたは多いと思います。

トレール量の減少は、下記の変更などで減ります。

  • リアホイールサイズのインチアップ
  • フロントホイールのインチダウン
  • フロントフォークの突き出し
  • リアサスペンションの延長

トレール量をしっかり確保すると、220km/h出してもまったく振られません。

正確なトレール量を最適化できるトリプルツリーは、サンダンスの「トラックテック ステディ アライメント トリプルヨーク」のみです。

スポーツスター ハンドル ぶれる トレール

必ずディメンション(ホイールのインチ、リアサスの長さ)が決定してから、オフセット量を相談して変更してください。

スポーツスター ハンドル ブレる
【高速走行時のハンドルのブレ】スポーツスターはトレール量が足りていない スポーツスターで高速走行時に、だんだんとハンドルや車体が、ブルブル震えるするんだけど、どうしたら防げる? カスタムした...

走行性能を決めるホイールサイズ

スポーツスター カフェレーサー ローランドサンズ ホイール サイズ

カフェレーサーのホイールサイズは一般的に、フロント19・リア18が主流です。

<グライド>

  • フロント:19・18インチ(カスタム注文で18インチは購入可能)
  • リア:18インチ(リム幅3.5の為、ラジアルタイヤ不可)

<サンダンス トラックテック>

サンダンスのENKEIホイール トラックテック

画像元:サンダンス トラックテック

  • フロント:19
  • リア:18(リム幅4.0の為、ラジアルタイヤ可

※ラジアルタイヤ履けるメリットは、スポーツ走行において大きなメリットです。

  • サスペンション
  • ホイール
  • トリプルツリー

ディメンションの適正化で、乗りやすくて楽しいスポーツスターが誕生する

スポーツスター タイヤ

ハンドル・シート・ステップでポジションを決める

バイクのベースが完成したら体型に合わせ、ハンドル・シート・ステップのカスタムをします。

カフェレーサーのハンドルはセパハンです(英語ではクリップオン clip on)

RSDのセパハンは国産流用できる

スポーツスター セパハン

ローランドサンズのセパハンは差し込み口がミリなので国産流用も可能です。

スポーツスター セパハン カフェレーサー

シートで走りやすさが決まる

スポーツスター シート
画像元:http://www.trampcycle.com

シートは体重移動がしやすい形にしたり、ステップとの距離が近ければ高くしたり、お尻が後ろにずれないガンファイタータイプに変更したりして、最良のシートをじっくり検討してみてください。

ノーマルシートではニーグリップが出来ないのでニーグリップサポート、またはシートに幅、厚みを持たせて一体感を持たせる方法もあります。

・ローランドサンズのカフェシリーズ

バックステップでバンク角を確保

スポーツスター バックステップ カフェレーサー

バンク角確保と、体重移動のためにバックステップがベストです(英語ではリアセット Rearset Foot Controls)

04以降のバックステップは現在は下記メーカーから販売されています。

  • 純正
  • ローランドサンズ
  • ミスミエンジニアリング
  • ベビーフェイス
  • ウッドストック
  • トランプ(ベビーフェイスOEM)
ローランドサンズデザイン
¥103,921
(2019/11/10 04:11:12時点 Amazon調べ-詳細)

チェーンドライブのショート化で鋭い加速

スポーツスター チェーンドライブ

チェーンドライブのメリット

  • スイングアームの可動範囲を広く取れるため、高性能サスペンションを活かせる
  • フリクションが低いため、最低でも後軸で5%以上は馬力アップ
  • ファイナル比をショートに変えれば、鋭い加速が可能
  • メッキのシールチェーンなら、ベルトドライブなみのメンテナンスが可能

レブで最高速になるように、ファイナル比をショート(ローギアード)に変えると、上までいっさいもたつかずに豪快な加速を味わえる。

ハーレー チェーンドライブ
【チェーンドライブ化】パワーと味わいを引き上げる! 車検・費用も解説 チェーンドライブ化のメリットはなに? デメリットは? チェーンのメンテナンスは大変だよね? 車検はどうなの...

レーサーのエンジンチューニングで100馬力

スポーツスター ブランチヘッド

スポーツスターはエンジンとミッションが一体型で、耐久性・強度が高く、4カムで正確なバルブタイミングが可能です。

ビッグツインで1ciで1馬力出れば素晴らしいです。

ポテンシャルの高いスポーツスターなら、74ci(1200cc)で100馬力は出せます。

スポーツスター ダイノグラフ 100馬力

スポーツスター 100馬力

シリンダーヘッド・ハイカムは性能に直結する

ヘッドチューニングでパフォーマンスと耐久性が手には入ります。

スポーツスター ブランチヘッド

スポーツスターのエンジンは883、1200ccとなっていますが、実際には排気量分の混合気は入ってきません。

ノーマルのエアクリーナーとハイフローエアクリーナーで、シリンダー内に入る空気の量が異なるように、ヘッドチューニングすると排気量分の混合気が入ってきます。

エンジン出力は空気の吸気量で決まる。

ヘッドチューニングは、低速でしっかり粘るハーレーらしさと、高回転まで気持ちよく回るスポーツスターの良さが発揮される。

フローチューンしてあるヘッドは有名メーカーだと下記があげられます。

  • S&S
  • JIMS
  • Zipper’s
  • サンダンス(ブランチヘッド)

信頼できるショップと相談して、シリンダーヘッドのベースはどこが良いかを検討する必要があります。

ヘッド、カムの選定はショップの経験とスキルが必要とされるので、ユーザー側もしっかり知識を得てからの判断が必要です。

  • ボルトインカム:ノーマルエンジン用のカム
  • モディファイド・カム:燃焼室・プッシュロッド・タペットなどを変更する必要があるカム
スポーツスター 100馬力

上記のダイノグラフ(94.7ps・11.6kgm)はブランチヘッドとN3カムで発揮したグラフです。

スポーツスターはビッグツイン以上に、オーバーラップの恩恵を得れるので、高回転でかなり面白いエンジンになります。

スポーツスター 4カム
スポーツスター ブランチヘッド
スポーツスターでボアアップに頼らない馬力アップ方法スポーツスターは足回りのアップデートだけで、とても楽しくなります。 ワインディングはもちろん、ビッグツインではストレスとなる町中も...
ハイカムはエンジン特性を変える
ハーレーの性能と味わいに直結するハイカム!カムプロフィールと選び方ハーレーのエンジン特性を変える「ハイカム」とはどういうものなのか?カムプロフィールの読み方も含めて、詳しく解説したいと思います。 ...

ビッグスロットルボディでレスポンスとパワーをあげる

スポーツスター ビッグボア スロットルボディ

HPIからスポーツスター用の口径が51、55mmのスロットルボディがリリースされています。

  • ピークパワー重視:55mm
  • レスポンス重視:51mm

エンジンパワーは吸気できる混合気の量で決まるので、ビッグボアスロットルボディで空気を多くスムーズに吸気することが重要となります。

上記のダイノグラフの94.7psは51mmで達しています。

エアクリーナーはRSDのタービンが吸気効率がもっとも高い

スポーツスター ローランドサンズのエアクリーナー

全方向から吸えるK&Nのフィルターに、空気の流れを邪魔をしないカバーをつけたエアクリーナーが170CFMをこえます。

178CFMのRSDのタービンが、市販品では吸気効率が高い。

下記は全面にカバーをしているためタービンより低いですが、おなじフィルターを使用しているので、170CFMはこえる高性能エアクリーナーです。

同じフィルターを使用しているのは多くあるので、プレートの好みで決めても良いと思います。

RSDと同等の値を期待できるのがアレンネスのインバータシリーズです。デザインも優れていて、さすがネスです。

ARLENNESS(アレンネス)
¥55,880
(2019/11/09 21:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

低フリクションピストンで全てのパワーをタイヤまで伝える

スポーツスター 低フリクションピストン

ピストンは6,000回転で1秒で100往復しますので、エンジンチューニングで重要なウエイトを占めています。

ピストンに求められるのは、主に下記があげられます。

  • 高強度
  • 低フリクション
  • 放熱性
  • 膨張率
  • 軽量
  • 表面処理方法

求められるものは多数あり、ピストンリング、ピストンピンにも同じものが求められます。

ピストンのフリクションが大きいと、全てのパワー損失につながります。

エンジンに軽視できるパーツはない
  • シリンダーヘッド
  • シリンダー
  • バルブ
  • プラグ
  • コンロッド
  • カム
  • ピストン
  • 吸排気
  • インジェクション・キャブ
  • ガソリン
  • オイル

全てが繋がっています。ひとつひとつが独立しているわけではありません。

魅力ある4CAMエンジンは、魅力を引き出す確かな技術が必要です。

どれくらいかかるか?

相談できるカスタムショップに、理想の完成形を伝えて、全体の見積もりを作成してもらう。

一度に出来ない場合は、予算別・足まわり別・エンジンチューニング別などを提案してもらいカスタムをする。

相談しながらカスタムすると、ショップ側も見通しがみえるので作業もしやすく、コスト面でも柔軟な対応ができます。

費用の参考は、こちらの、知りたい!スポーツスターのフルカスタム費用と、スポーツスターでボアアップに頼らない馬力アップ方法を読んでみてください。

スポーツスター フルカスタム
【知りたい!】スポーツスターのフルカスタム費用 ハーレーのフルカスタムの費用って、一体いくらぐらいだろう? こういった疑問にお答えします。 フルカスタムの定義は...
スポーツスター ブランチヘッド
スポーツスターでボアアップに頼らない馬力アップ方法スポーツスターは足回りのアップデートだけで、とても楽しくなります。 ワインディングはもちろん、ビッグツインではストレスとなる町中も...

まとめ

スポーツスターは2004年からラバーマウントになった為に、重量増加やバンク角のあるマフラーが少ないなど、レーサー方面にふることが難しくなったと聞きます。

しかし、ラバーマウントになってから14年以上が経過し、リジッドマウントモデルよりもカスタムの幅は広がりました。しかも、ツーリングにも使えるスポーツスターは最高です。

エンジンは熟成されたエボリューションエンジンです。

スポーツスターはまぎれもないハーレーのレーサーで、走りなら断然スポーツスターが楽しい。

しかも、883はハーレー最大のロングストロークエンジンで、世界的にファンの多いエンジンです。

あのフィーリングは最高です。

ハーレー パンチアウト 鼓動感
【883の心地よい鼓動感】ハーレーで一番のロングストロークエンジンだった883は2割近くも、他のハーレーよりもロングストロークエンジンです。 あの心地よいフィーリングは「883の超ロングストロークエンジ...

まだまだ、スポーツスターの楽しさは引き出せると思っています。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

ARLENNESS(アレンネス)
¥55,880
(2019/11/09 21:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。