ヘッド,ピストン&トップエンド

スポーツスターでボアアップに頼らない馬力アップ方法

スポーツスター ブランチヘッド

スポーツスターは足回りのアップデートだけで、とても楽しくなります。

ワインディングはもちろん、ビッグツインではストレスとなる町中も気持ち良く走れます。

そんな楽しいスポーツスターでも、もっとパワーがほしいと感じることもあります。

そこで思いつくのがボアアップです。

素人が思いつくことは当たり前ですが、とくに883のロングストロークの良さが低下するボアアップを、プロの提案となると残念に感じてしまいます。

883のロングストロークから感じる、独特のフィーリングを引き出しながら、パワーを引き出す方法がある

  • その方法は、エンジンの心臓部のシリンダーヘッドをチューニングする
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

883はハーレーを代表するロングストロークエンジン

ブランチヘッド 費用

883は他のハーレーよりも、2割近くもロングストロークエンジンです。

ロングストロークエンジン

  • 2気筒 IRON883:96.8 ÷ 76.2 = 1.3
  • 2気筒 IRON1200:96.8 ÷ 88.9 = 1.1
  • 2気筒 M8 FLHTKSE:114.3 ÷ 103.5 = 1.1

ボアアップしてしまうと、この特徴が薄れてしまいます。

ボアアップに頼らない吸気の高効率化で、全域のパワーアップを達成できます。

しかも、883特有のロングストロークの味わいも引き出せます。

スポーツスターのポテンシャルは、全ての面において極めて高く、1ciで1馬力は吸排気チューニング程度で楽に超えてきます。

それでも足りない場合に考えるのが、ボアアップによる馬力アップです。

  • ボアアップに頼らずに、エンジンチューニングで、馬力も味わいも引き出せる
  • ロングストロークの良さをそのままで楽しめる
スポーツスターで100馬力を出す
【100馬力】スポーツスターで狙う!ボアップせずに狙う!スポーツスターはハーレーのまぎれもないレーサーです。 ラバーマウントになったことで、スポーツスターはツーリングバイクになった訳では...

エンジンのシリンダーヘッドチューニング

ブランチヘッド スポーツスター 費用

ノーマルのシリンダーヘッドは吸気効率が悪く、排気量分の混合気が入ってきません。

そのためにビックバルブ化で吸気効率を上げ、燃焼室の加工で圧縮比をあわせます。

ヘッドチューニングで馬力も味わいも引き出せます。

ビッグバルブ化とバルブシートカット

ブランチヘッド インテークバルブ

吸排気効率を上げるために、インテークバルブ・エキゾーストバルブ径を大きくします。

このことにより、多くの混合気が吸気され排気されます。

ですが、いたずらに大きくすると流速が遅くなるので、バルブシートカットで流速を速めるカットをほどこすと、このバルブ周りだけで10%は出力アップにつながります。

ブランチヘッド バルブシートカット

シリンダーヘッドの低圧縮化(ローコンプ加工)

シリンダーヘッドの燃焼室を削り、日本の交通事情やオクタン価に合わせた圧縮比にします。

日本のハイオクガソリン、オクタン価96以上は、数値上はハーレーで使用しても問題は一切ありませんが、日本の交通事情や近年のガソリンの変化で、ノーマルのシリンダーヘッドでは合わないのが実情です。

エンジン性能のベースはガソリンです。

シリンダーヘッドをガソリンにあわせる

圧縮比は( 排気量+燃焼室容積 )÷  燃焼室容積という計算式になります。

つまり

圧縮比を低くする:燃焼室を広くするということになります。

オクタン価に合わせるために、燃焼室を広げ圧縮比をさげれば、低回転で圧縮抵抗に負けることがなくなり、燃焼効率もあがり低回転から高回転まで力強く回ります。

ノーマルの圧縮比では、低速トルクはもちろん高回転からの加速も弱いです。

日本のガソリンにあったエンジンは、簡単にエンストはしません。

手に入るガソリンで、最大のエネルギーを引き出すことができれば、ハーレーの魅力も引き出せます。

燃焼効率が高いエンジンは、多くの混合気をきれいに燃焼できるので、一発一発の燃焼圧力が強く鼓動感も強くなります。

さらに、バルブタイミングをつかさどるカムの変更や、スロットルボディのボアアップなどで、ノーマルベースでも大幅にパフォーマンスアップが可能です。

883で吸排気・ヘッドチューニング・インジェクション・キャブチューニングで、軸出力で80馬力を超える可能性があります。

しかも、味わい深いロングストロークエンジンのままです。

ハイカムはエンジン特性を変える
性能と味わいに直結するハイカム!カムプロフィールと選び方エンジン特性を高出力に変える「ハイカム」とはどういうものなのか、カムプロフィールの読み方も含めて、詳しく解説したいと思います。 ハ...
ハーレー ビッグスロットルボディ
【走り派必見】ビッグボアスロットルボディの交換で馬力アップ! ビッグボアのスロットルボディは、口径が大きいほどトルクや馬力が出るのか? こういった疑問にお答えします。 結...

ヘッドチューニングの費用、サンダンス ブランチヘッドで概算

サンダンス ブランチヘッド 価格 費用
画像元:http://www.sundance.co.jp

ノーマルのシリンダーヘッドでチューニングする、サンダンスのブランチヘッドで概算の費用を計算すると、30万円ほどはかかると思います。

仕様・加工方法・ショップによって価格は大きく変わります。

その他にインジェクション・キャブのチューニング代金が必要です。

・部品名・部品代
高効率ヘッド(ノーマルシリンダーヘッド加工)200,000~
ガスケット・シール・オイル一式20,000~
・作業・工賃
ヘッド交換・タンク、マフラー脱着など70,000~

まとめ

ベースを活かす知識に技術を持っているプロにチューニングしてもらいましょう。

  • ボアアップしなくても、今あるパーツでチューニングすれば馬力アップできる
  • ロングストロークエンジンの良さをなくし、パワーを上げるのは最終手段
  • 燃焼効率の高いエンジンは、燃焼圧力が強く鼓動感も強い
  • オクタン価に合わせたエンジンは粘る低速トルクに、ノッキングの防止、オーバーヒート対策につながる

ハーレーらしい粘り強い低速トルクに上まで俊敏に回る、スポーツスターの軽快で力強い加速があじわえます。

パーツを組み上げパワーを得る楽しさもあります。

今ある大事なハーレーの力を開放する方法もあります。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。