サスペンション&ホイール

ハーレーのフロントサスペンションを強化するとブレーキも強化される!

スポーツスター おすすめのフロントサスペンション
  • フロントブレーキをかけたら、いきなりフルボトムまで、フロントサスが沈んだ!
  • フロントサスが沈むだけで、フロントブレーキが効かないんだけど、どうしたらよい?
  • フロントに、まったく安心感がないので、ツーリングが怖いんだけど

こういった不安や疑問にお答えします。

他のバイクからハーレーに乗り換えると、フロントサスペンションのやわらかさと、フロントブレーキの効きの悪さに恐怖を感じると思います。

わたしも納車して、最初の信号で停止する時にびっくりしました。

いきなりフロントが沈み込んでしまって、イメージ通りにキッチリ止まることができませんでした。

しかし、しっかりコシのある「社外サスペンション」へ交換したら、あっさり解決しました。

フロントサスペンションの沈み込みがなくなり、イメージ通りにキッチリ止まることができ、コーナリングも余裕をもって走れるようになりました。

ブレーキが効かない理由は、ブレーキキャリパーではなく、やわらかすぎるフロントサスペンションが原因でした。

それでは、フロントサスペンションの交換による効果と、費用やおすすめのサスペンションメーカーを紹介します。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

ハーレーのフロントブレーキも7割以上で止まれる

日本やヨーロッパの交通事情を考慮しない、大陸的な乗り心地を優先するハーレーは、フロントサスペンションで急制動や、回避を想定していないようです。

スポーツスターですら、フロントサスペンションにコシがありません。

スキーやスノボーでは、しっかりしたエッジがあっても下半身で踏ん張らない限り、ズルズルと滑って止まらないです。

サッカーも野球もバスケも同じですよね。

しっかり踏ん張れば、止まりたい場所で止まれ、踏ん張りがあるから、つぎの動作に移れる。

フロントサスペンションは、沈み込んでいる最中はブレーキは効いていません。

  • 社外サスペンションに変えると、フルボトムするまえに制動がかかる
  • 急制動ができれば、回避もできる
  • 自転車でもバイクでも、ブレーキが一番効くのはフロントブレーキ

ハーレーは決して「リアブレーキメイン」ではありません。

フロントキャリパーも、しっかりしているので、問題は「やわらかすぎるフロントサスペンション」です。

フロントサスペンションを強化できるおすすめのメーカー

ハイパープロ・レーステックはレースでも評判が高い

ハーレー サスペンション

初期動作から踏ん張りが効きます。

乗り心地は純正と比べ硬いですが、しっかり止まれます。

車体の押し引きでも、違いがはっきりわかるほどコシがあり、サーキット走行も可能なほどしっかりしています。

ハイパープロはドラッグレースでの使用率も高いですね。

サンダンスのトラックテックは乗り心地を犠牲にしない

サンダンス トラックテック フロントサスペンション

初期動作は純正と同じでやわらかいですが、制動の段階からしっかり踏ん張り、効きが始まります。

純正の乗り心地を保ち、しっかり止まりたい方に人気です。

上記3つフロントサスペンションなら、安心してしっかりと止まれます。

プロショップでサスペンションを交換すれば、イニシャルアジャスターや、カラーの挿入でサグ調整してくれます。

フロントサスペンションの交換でもブレーキに不安な場合に、キャリパー交換を検討してください。

ブレーキキャリパーについては、詳細な記事がありますので、こちらの、【ブレーキ強化】ハーレー専用キャリパーは強力で安心して止まれるを読んでみてください。

ハーレーのブレーキ強化 サンダンス ブレーキキャリパー
【ブレーキ強化】ハーレー専用キャリパーは強力で安心して止まれる 純正ブレーキは効きにくいから強化したいけど、どこのブレーキメーカーを選べば良いかわからない キャリパー・パッドを交換し...

フロントサスペンションの交換の工賃や価格

見た目の効果で、リアサスに目が行きがちですが、フロントサスペンションは費用対効果は高いと思いますので、まずフロントサスペンションの交換をおすすめします。

今までのツーリングがより、安心して楽しくなります。

フロントサスペンションの参考価格

  • ハイパープロ:35,000 (サスペンション・専用フォークオイル)
  • トラックテック:23,600~35,000 (サスペンション・専用フォークオイル)

フロントサスペンションの価格に加えて、工賃に20,000円以下ほどかかります。

詳細:ハイパープロ
詳細:サンダンス トラックテック

サスペンションのオイル交換時期が近ければ、スプリング代金がプラスになるだけなので、フロントサスペンションや、フロントブレーキに違和感があるかたは、ぜひ交換してください。

まとめ

ここまで、「フロントサスペンションの強化とフロントブレーキの強化」について解説いたしました。

以下に、ポイントをまとめています。

フロントサスの交換の効果

フロントサスペンションを交換すると、ツーリングに余裕がうまれ、安心して走れるようになる。

  • フロントサスペンションの強化で、急なサスペンションの沈み込みがなくなる
  • フロントサスペンションを交換すると、フロントブレーキしっかり効くようになる
  • ハーレーはリアブレーキではなく、他のバイクと同じフロント7割で止まれる
  • ハーレー専用のフロントサスペンションメーカーは、レーステック・ハイパープロ・トラックテック
  • フロントサスペンション交換の費用は、サスペンション代金に2万円以下の工賃がかかる

フロントサスペンションを交換するだけで、ブレーキの効かない前のめりから開放され、安心して気持ち良くツーリングや、ワインディングが楽しめるようになります。

ぜひ、安心して愛車のハーレーを気持ち良く走らせましょう。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

【在庫あり】SUNDANCE サンダンス TraktekR Multi-Rate Fork Spring Kit Φ39mm Single Spring トラックテック マルチレートフォークスプリング

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。