サスペンション&ホイール

【走りが変わる!】ハーレーにおすすめのリアサスと調整方法を解説

ハーレー リアサスペンション
  • リアサスが固くて、ギャップで強い衝撃がある
  • プリロード調整しても、すぐに底づきしてしまう
  • 買ったはいいけど、いまいちだったので買い直したい

こういった疑問、不満にお答えします。

リアサスペンションはノーマルでもガチガチなのに、さらに固いローダウン仕様もレギュラー商品としてラインナップされています。

ハーレー リアサスペンション

このようなサスペンションは、ストロークが数センチしかなくマンホールレベルで衝撃を受けてしまいます。

  • リアサスにとって理想の状態を知ると、良いサスペンションを選べるようになる
  • セッティングによって、どう変わるかを知ると、とても走りやすくなる

良いリアサスペンションに交換すれば、乗り心地に路面追従性が良くなり、気持ちよく変な疲労もたまらずにツーリングが楽しめます。

それに、とても目立つパーツなので、カスタム感がでて楽しくなります。

それでは、おすすめのリアサスペンションと調整方法などを紹介します。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

ハーレーのリアサスペンションの特徴と理想の動作

ハーレーのサスペンションの役割
サスペンションの役割
  • 車体の姿勢を保つ
  • 路面凹凸による突き上げショックの緩和(乗り心地の向上)
  • タイヤの駆動力をスムーズに路面に伝える(トラクションの向上)
  • 制動力の向上

ハーレーの純正サスペンションで、上記を全てクリアするサスペンションはありません。

ハーレーのサスペンションの良くない点

ハーレーおすすめのリアサスペンション

バイクはスプリングの上に乗って走っているので、前と後ろのサスペンションの動きが同じでないと、乗り心地はもちろん、バイクの姿勢や挙動がおかしくなります。

ハーレーのサスペンションは、フロントが柔らかくリアが硬い。

  • シートに座ると、フロントサスペンションが先に沈む
  • シートから立つと、リアサスペンションが先に戻る

この状態では、安定した走りはできません。

同じタイミングで伸び縮みする状態が、自然な動作で安心して走行ができます。

ハーレーの理想のサスペンション

リアサスペンションにとって理想の状態とは?

  • 1人または2人乗りでも、硬すぎず柔らかすぎない
  • 路面追従性が良い
  • ロングツーリングでも疲れない
  • 安定した制動力

おすすめのハーレーのリアサスペンションメーカー

サンダンスのリアサスペンションはハーレーの為に開発された

サンダンスのリアサスペンション

完全なる新設計の、ハーレーの為だけに開発されたサスペンションです。

詳細:http://www.sundance.co.jp

専用設計のため、すでにハーレーに求められる要求を、完璧に近い状態で販売されています。

別体タンクなしでも、乗り心地良さにコーナリング性能、フロントサスペンションとの総合的な走行性能は非常に高く、ハーレーの専用サスペンションでは最高峰です。

カスタムショップレベルで、大手メーカーに完全なる新設計のサスペンションを、製作依頼する事は通常は不可能です(パーツやカラーを変えるオーダーは出来ます)

サンダンスの実績と信頼があるからこそです。

ナイトロンはオーナーの走りに必ずマッチさせる

細かいオーダーにも対応できるナイトロン

ナイトロンはソフテイル以外のサスペンションに対応していて、細かいパーツまでオーダーが可能です。

汎用品のサスペンションとはことなり、別途オプションパーツを購入しなくても、自分仕様のサスペンションが手に入ります。

要望通りのサスペンションをスピーディに対応してくれ、信頼あるサポートが受けられます。

ストリートからレース仕様まで対応可能です。

マンホールを通ったレベルでも、はっきりと乗り心地の良さがわかります。

質感も素晴らしく高い。

オーリンズは調整幅が広い

ハーレー オーリンズ 調整

オーリンズのS36PR1C1LとS36PR1C1LBは、あらゆる目的を達成できるサスペンションです。

オーリンズの汎用品のサスペンションは、さまざまシチュエーションに対応できるとても広いセッティング幅を持っていて、セッティング技術があれば、ほとんどの要求に応えられるオールマイティーなサスペンションです。

※「Type S36E」のサスペンションレベルは、ハーレー純正と同じレベルなので、見た目以外に購入するメリットはないです。

リアサスペンションの調整によって何が変化するのか

汎用品のサスペンションを購入した場合はまず、イニシャルセッティング(プリロード)を合わせることが大切です。

このイニシャルセッティング(プリロード)が完了して不満があれば、下記の調整にチャレンジしてみて下さい。

調整が終わったら、いつも走る場所で確認すれば違いが歴然とわかると思います。

イニシャルセッティング(プリロード)

変化
締める
  • ストロークが浅くなり、車高が高くなる
  • 足つきがわるくなる
  • リアの車高が高くなり、フロント荷重が増加し、リア荷重は減少する
  • 前下がりの姿勢で、コーナーリングでオーバーステア傾向となる
緩める
  • ストロークが深くなるり、車高が低くなる
  • 足つきがよくなる
  • リア車高が低くなり、フロント荷重が減少し、リア荷重が増加する
  • 後ろ下がりの姿勢で、コーナーリングでアンダーステア傾向となる
  • ブレーキなどで、上下変動が大きくなる

※乗ったときの沈み込みが変わるだけで、サスペンションの長さが変わるわけではありません。

テンションセッティング(伸側)

変化
締める
  • サスペンションが伸びるスピードが遅くなり、軽快感が薄く重たく感じる
  • ブレーキ時に前のめりになりにくいので、安心感がある
  • 路面追従性が悪くなる
緩める
  • サスペンションが伸びるスピードが速くなり、軽快に動くようになる
  • ブレーキ時に前のめりになり、安心感は薄くなるが、フロントタイヤへ荷重を乗せやすい
  • サスペンションが良く動き、乗り心地が良くなる

コンプレッションセッティング(圧側)

 変 化
締める
  • サスペンションの沈むスピードが遅くなり、路面状態のフィーリングが感じやすい
  • 硬いフィーリングとなり、強すぎるとリヤタイヤの接地感が減少する
  • リアタイヤへ荷重が移るさいに時間がかかる
  • 路面追従性が悪くなる
緩める
  • サスペンションの沈むスピードが速くなり、リアタイヤへ荷重を移すことが早くできる
  • 路面追従性は良くなる
  • 加速時の沈み込みが速くなり、ギャップで底づきしやすくなる

求めるセッティングは、乗り心地・足つき・性能重視などがあるので、答えは一つではありません。

答えがあるわけではないので、多くの情報を参考にして、理想の動きを実現させてください。

前後サスペンションについての、詳細な記事もありますので、こちらの、ハーレーはフロント・リアサスペンションで劇的に楽しくなる!も読んでみてください。

スポーツスターおすすめのサスペンション
ハーレーはフロント・リアサスペンション交換で劇的に乗り心地がよくなる サスペンションで乗り心地をよくしたり、走行性能をあげたいんだけど、どうしたら良い? こういった疑問にお答えします。...

まとめ

リアサスペンションは気軽に交換できるパーツで、見た目でカスタム感が演出でき、有名ブランドのサスペンションなら、交換するだけも十分に満足できます。

専用設計のサスペンションや、セッティング幅があるサスペンションなら、乗り心地や性能は、高級車に乗ったような心地よさと、安心してワインディングを走行できる楽しさがあります。

ぜひ、性能の高いサスペンションを選ぶようにしてください。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。