カスタムベース

【883の心地よい鼓動感】ハーレーで一番のロングストロークエンジンだった

ハーレー パンチアウト 鼓動感

883は2割近くも、他のハーレーよりもロングストロークエンジンです。

あの心地よいフィーリングは「883の超ロングストロークエンジン」が関係していたと考えられます。

883が、世界中で人気があるひとつの理由だと思います。

883のボアストローク比は「1.3」で、ハーレーで一番のロングストロークエンジンです。

  • XL883のボアストローク比は「1.3」
  • XL1200のボアストローク比は「1.1」
  • FLH 117のボアストローク比は「1.1」

※ストローク ÷ ボア = ボアストローク比

883は、心地よいフィーリングを持つロングストロークエンジンで、スポーツスターはまぎれもないハーレーのレーサーです。

だから、883は乗っていて楽しい。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

ハーレーのロングストロークエンジンの特徴

xl-883 ボアアップ

ロングストロークエンジンはピストンの移動距離が長いため、1度に大きく混合気を吸い込むことができます。

883 鼓動感

吸い込んだ空気に見合ったガソリンを供給し、プラグで点火させれば強い燃焼圧力を生み出すことができます。

その強い燃焼圧力でピストンを長い時間、押し下げ、鼓動感を生みだす重いフライホイールを回すことが出来るようになります。

このハーレー特有の重いフライホイールが回ることによって、強烈な低速トルクと鼓動感がうまれます。

そしてロングストロークエンジンの代表が883です。

ハーレーの883はロングストロークエンジン
【ロングストロークのハーレー】ボアストローク比でみるエンジン特性 ハーレーはロングストロークって聞いているけど、ボアアップしたらショートストロークの特性に近づく? 883がハーレーの中...

絶対的なスピードは、XL1200にはかないません。

しかし、883はロングストロークの鼓動感はもちろんのこと、1200では回しにくいレブまで躊躇なく回すことができ、しかもハーレーのレーサーの4CAMエンジンです。

ビッグツインにはできない、高回転からの鋭い加速が可能です。

SSはどのハーレーよりも圧倒的に速く、リミッターの299km/hまであっという間に到達します。

しかし慣れてしまうと、圧倒的なスピードを感じにくくなります。

鼓動感あるハーレーはリミッターまで回さなくても、体感速度はSSよりも高く感じます。

これは感覚的なものなので、誰にでも当てはまることではないと思いますが、バイクの楽しさ、気持ちよさは、絶対的な数値では語れないと感じています。

883の魅力も、そういったところにあるのではないでしょうか。




883乗りなら一度は悩むボアアップ

883 ボアアップ

883乗りなら一度は、ボアアップを検討したことがあると思います。

883のフィーリングは大好きだけど、少し物足りなく感じる。

  • 他のハーレーとツーリングしたときに感じるパワーのなさ
  • 低回転からの加速がほしい、高速でももっとパワーがほしい

ボアアップはとても魅力なカスタムです。

確実に物足りなさをカバーしてくれます。

「80馬力以上を発生させたい」と具体的な数値目標があれば、1200や1250のボアアップがベストだと思います。

そうでなければ、883のままで883にしかない魅力を引き上がるのがベストです。

・883は、ハーレーを代表する心地よい鼓動感がある「超ロングストロークエンジン」

・883のフィーリングを大切にする場合は、ボアアップではなくヘッドチューニングがベスト

・ヘッドチューニングとは、エンジンの基礎パワーを上げるチューニングの基本

スポーツスターで100馬力を出す
【100馬力】スポーツスターで狙う!ボアップせずに狙う!スポーツスターはハーレーのまぎれもないレーサーです。 ラバーマウントになったことで、スポーツスターはツーリングバイクになった訳では...




883のフィーリングを最大限に活かせるヘッドチューン

ブランチヘッド スポーツスター

シリンダーヘッドを交換、または加工するだけで、ロングストロークエンジンの883の魅力をさらに引き上げられます。

シリンダーもピストンも交換する必要はありません。

改造申請も必要はありません。

ノーマルのシリンダーヘッドは吸気効率が悪く、排気量分の空気が入ってきません。

排気量分の空気を吸気する為に、吸気バルブを大きくして、燃焼室の加工を施し吸気効率を上げます。

883特有のロングストロークエンジンのままで、あのフィーリングを残してボアアップ同等以上のパワーを得るには、シリンダーヘッドのチューニングがベスト

スポーツスター ブランチヘッド
スポーツスターでボアアップに頼らない馬力アップ方法スポーツスターは足回りのアップデートだけで、とても楽しくなります。 ワインディングはもちろん、ビッグツインではストレスとなる町中も...

バルブ径を広げ最適なシートカットにポート加工(吸気通路の見直し)

ブランチヘッド

吸排気効率を上げるために「吸気バルブ・排気バルブ」の径を大きくします。

バルブ径を大きくすると流速が遅くなるので、バルブシートカットで流速を速めるカットをほどこすと、このバルブ周りだけで10%の出力アップが可能になります。

ブランチヘッド 883

バルブシートカットのノウハウは、相当な熟練のエンジニアでないと、いちじるしく効率が下がる場合があります。

作業自体は難しくないですが、エンジニアのスキルが求められる重要な箇所です。

空気の損失をできる限り減らしすために、ポート加工と吸気通路の見直しを行います。

ブランチヘッド 883

少しでもポートに凹凸や、空気のうずの縮流が発生する吸気通路では、混合気が入ってこれません。

壁面近くは川の流れと同じように流速が落ちるので、口径は十分に考慮する必要があります。

ビックバルブ・バルブシートカット・ポート加工(吸気通路の形状見直し)の高効率で、20%程度の吸気量の増加につながります。

このことにより、ボアアップと同等以上の混合気が吸気され、強い燃焼圧力が生まれます。




シリンダーヘッドのローコンプ加工(低圧縮化)

ハーレー ブランチヘッド

シリンダーヘッドの燃焼室を削り、日本のオクタン価に合わせた圧縮比にします。

ハイオクのオクタン価96以上は、ハーレーで使用しても数値上は当然問題はないのですが、近年のガソリンの変化や、日本の交通事情により、適切なオクタン価ではないと思われます。

事実ノーマルでもノッキングが発生し、低速トルクが出ていません。

オクタン価にあった圧縮比は、低回転から高回転まで力強く回ります。

ボアアップしても圧縮比を合わせなければ、低回転からの加速はできません。

エンジンチューニングとは吸入空気量の追求であり、燃焼室・バルブシート・ポート加工(吸気通路)で得られる

ブランチヘッド
シリンダーヘッドの高効率化でボアアップせずに馬力・トルクがあがる!ハーレーの最大の魅力はエンジンです。 しかし、実際に乗ると排気量のわりに、トルクがないと感じる方は多いと思います。 主な理由...




ヘッドチューンの結果、883の良さを残したままでさらに楽しくなった

ヘッドチューニングで、883はロングストロークエンジンのままで、味わい深さとパワーを得ることができ、ロングツーリングが楽になりました。

しかし、883はスポーツスターです。

ヘッドチューニングで、高回転からの加速がさらに増してます。

883のワインディングは最高に楽しく気持ち良いです。

積極的にエンジンを回して、ギアを選びながらワインディングを走る。

1200やビッグツインなら、パワーバンドを外しても余裕がありますが、883はこのシフトチェンジを頻繁に行い、V型2気筒エンジンの力強さを維持させます。

これがうまくいった時の爽快感は素晴らしいものがあります。

883ならではの走り方です。あえて引っ張って楽しむのが883の醍醐味です。

まさに水を得た魚のように走ってくれます。



まとめ

1200やビッグツインの余裕のあるツーリングも楽しいですが、883の良さは883でしか出せません。

それを知っているのは883乗りです。

世界中で人気がある883です。

そうでなければ、すでに883はなかったでしょう。

ぜひ、今ある883の魅力を引き上げてください。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。