カスタムベース

【ニューバガースタイル!】ネイクドバガーは圧倒的な走りに徹したツアラー

ネイクドバガーのカスタム

ハーレーの新しいカスタムスタイル「ネイクドバガー」について紹介します。

ネイクドバガーは2018の夏ぐらいに、EPIC MOTO(https://epicmotoco.com/)が、ツーリングモデルをストリップにして、走りにふったスタイルのことです。

ネイクドバガー ハーレーのツーリングモデルの新しいスタイル
画像元:https://epicmotoco.com/pages/gallery-01

今までのツーリングモデルのバガーと違い、外装をエクステンションして迫力を出すのではなく、まったく真逆のカスタムで、外装を取り外し、走りに徹底したバガースタイル。

ツーリングモデルを自分でカスタムした人なら、気づいていたかもしれませんが、ストリップにすると、ツーリングモデルは圧倒的な大きさで、めちゃくちゃ迫力があります。

いつか、こういうスタイルが来るのではと予感はしていました。

ツーリングモデルが大きい理由は、ラバーマウントなのでエンジンとフレームに隙間が多く、大きなフェアリングや、サイドバックなどをつけるので、フレームが他のビッグツインよりも一回り大きく作られています。

現在、ビッグツインで唯一のツインサスモデルは、ツーリングモデルのみ。

そして走りに徹したネイクドバガー。

 

View this post on Instagram

 

Epicmotocoさん(@epicmotoco)がシェアした投稿

旧ダイナ乗りが乗り換えることもありえますね。




しかし、バガーはカスタム費用がかかるイメージがありますが、EPIC MOTOでは、すでに2009年以降のツーリングモデル(TC・M8)にボルトオンで合うキットを、3種類発売しています。

まず、スターターキットで、リア周りのパーツがすべてキットされていて、価格は2,893.95ドルです。ざっくり32万円ぐらいでしょうか。

ネイクドバガー ボルトオンキット ステージ1
画像元:https://epicmotoco.com

スターターキットの内容は、サブフレームにリアカウル、サイドカバー、リアサス、テールライト(オールインワン)にハーネス・ボルトナット関係などが含まれています(ツーリングモデルはサブフレームを外せる)

ネイクドバガー ボルトオン

しかも、ツーリングモデルの2009年以降のツインカムから、ミルウォーキーエイトまでボルトオンでつきます。

つまり、簡単にネイクドバガーに変えられ、ノーマルに戻すことも可能ということです。
(加工は必要ないとHPには書かれていますが、多少の加工は必要だと思います)

さらに、ステージ2キット(4,999.95ドル≒55万円)になると、スターターキットに加えて、フロントカウル(2種類から選べる)に、ヘッドライト、フロントフェンダー、チンスポイラー、ダッシュパネル、ナンバーブラケットなどがキット化されています。

細かいボルトナット類、メッシュなども含まれています。

下の画像まで一気にカスタム可能。

ネイクドバガーのフルカスタム ボルトオンキット ステージ2
画像元:https://epicmotoco.com

こちらのステージ2も、2009年以降のツーリングモデル(TC・M8)にボルトオン。

ネイクドバガーのフルカスタム ボルトオンキット ステージ2

2種類目のフロントカウルは、デューロトラッカーナセル

ネイクドバガーのフルカスタム ボルトオンキット ステージ2

ツーリングモデルでカスタムするなら、ロードキングがベストになるのでしょう。

ネイクドバガー ロードキング

しかし、スターターキットのリア周りだけ変えて、フットボードからミッドステップに変更したら、どのモデルもかなりかっこよく、楽しく走れると思います。

ネイクドバガー ロードグライド ネイクドバガー ミッドコントロール ツーリングモデル

ツインカム・ミルウォーキーエイト対応で、これだけ新しいカスタムスタイルが出たのは、なかなかの衝撃ですね。

しかも、ツーリングモデルは、FXRの流れをくむフレームなので、間違いなくかっこいい。

やはりハーレーのカスタムは無限大です。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。