ハンドル&コントロール

【ハーレーのハンドル交換】費用と交換に必要なパーツをあわせて解説

ハーレー おすすめ ハンドル
  • ハンドル交換って、どれくらいの料金がかかるの?
  • 自分で行う場合は、どのパーツが必要なの?

こういった疑問にお答えします。

結論からいうと、ケーブル・ホース・配線類など、すべて交換する場合の費用は、ハンドルをふくめて8万円ほどはかかります。

ハンドルのみの交換であれば、工具・ケミカル・スペースが揃っていれば、自分で交換も可能だと思うので、チャレンジしてみるのも良いと思います。

個人でケーブル・ホース・配線などを交換する場合は、かなりの工数とパーツ、工具が必要なので、しっかりとしたシュミレーションが必要になります。

それでは、ハンドル交換に必要なパーツに、工賃や費用などを詳細に紹介します。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

ハーレーのハンドル交換の費用と工賃&必要パーツ

ハーレー ハンドル 交換
ハンドル交換で配線・ケーブルなどをすべて交換した場合
  • ハンドル価格:¥5,000
  • ライザー価格:¥8,000

とした場合のハンドル交換の費用は、トータルで8万円前後ぐらいはかかります。

パーツ代 60,000円

工賃 20,000円

合計80,000円

有名メーカーのハンドルの場合は、上記価格に上乗せして下さい。

ハンドル交換に必要なパーツ
  • ライザー
  • ヘコミ有りハンドル
  • スロットルケーブル
  • アイドルケーブル
  • クラッチケーブル
  • クラッチカバーガスケット
  • ミッションオイル
  • ハーネス延長キット
  • ブレーキライン
  • バンジョーボルトステンレス
  • バンジョーxx°ステンレス
  • バンジョーボルトステンレス
  • バンジョーxx°ステンレス
  • ブレーキフルードDOT5

■ハンドルのみの交換費用

ハンドルによってはすべて交換しないこともあるので、その場合は工賃が安いショップで6,000~ぐらいになります。

その場合は作業時間は1時間ほどです。

工賃6,000~ + ハンドル代金

有名メーカーのハンドルでなければ、支払額は2万円ぐらいで収まると思います。

スポーツスター以外であれば、1インチより太いファットバー1-1/4以上が、おすすめです。

DRAG Specialties(ドラックスペシャリティーズ)
¥39,052
(2019/09/16 18:32:49時点 Amazon調べ-詳細)

太いハンドルは圧倒的に迫力がでます。

ハンドルの交換と配線延長を行う場合に必要なシュミレーション

配線延長キットなども販売されているので、しっかりとシュミレーションできれば、ハーレーの構造などがわかるようになるので、交換は楽しい作業になると思います。

ハンドルの配線・ケーブル延長シュミレーション
  • アクセル・ワイヤー、クラッチ・ケーブルの長さを計測する
  • バンジョーの角度を決定
  • クラッチケーブル外すために、ミッションカバーをあけるので、ミッションオイルやガスケット類の確認
  • 配線中通しする場合は、配線のつなぎ直しが必要なので、工具・パーツの確認(通らないケースは穴拡大)
  • オイル交換・フルード交換・ワイヤー類の注油の確認
  • ガスケット・シールの確認
  • マフラー・ガソリンタンク・フェアリング・バッグを外すケースを想定する

はじめての作業でなくても、かなり時間がかかる作業なので、集中力が切れたら休憩をしっかりとって、パーツに傷がつかないように養生もしっかりと行ってください。

チョッパーらしいハンドルの高さは16インチ

ハンドルの高さは迷うと思いますが、チョッパーらしいハンドルの高さは16インチが基準です。

上図のローランドサンズのハンドルは、19インチのキングエイプです

ほとんどのハンドルメーカーの最大のサイズが19インチぐらいです。

チョロは19インチぐらいです。

まとめ

ハーレーにとってハンドルはスタイルの象徴なので、ぜひ、多くの情報をあつめ、自分にあうスタイルのハンドルを見つけましょう。

ハンドル交換は意外とコストが掛かり、自分で配線・ケーブル類の交換になると、工具やスペースなど必要となるので、じっくり検討してください。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。