イベント

2018年 ハーレー ソフテイル レビュー

9月2日(土)に、横浜・赤レンガ倉庫イベントエリアに、ハーレー2018年ソフテイルモデル、全て展示されました。

非常に涼しくゆっくり見れました。

全てのモデルのレビューではなく、個人的にガラッと変わった、ファットボブにフォーカスします。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

かなり攻めた、専用パーツ盛りだくさんのファットボブ

これ、実際みたらめちゃくちゃかっこいいですよ!!

ツインサスのダイナフレームから、ソフテイルフレームのモノサスへ、大胆に変更されましたが、ファットボブのポリシーは、しっかり守られているように感じました。

2灯のヘッドライトから、横長のアグレッシブなLEDライトへ

またがっている方は、私ではないのですが、おそらく165cmぐらいの男性です。足つきは良いですね。

かなりいかつく、エクストリーム的でマジで非常にカッコ良いです。

SSばりのモノサスペンション

サスペンションは、ツインサスからモノサスへ変更(全てのソフテイル(旧ダイナ))国産SSのような、しっかりした容量を確保したモノサスですね。

ツインサスが、アイデンティティのダイナからの変更なので、見た目は残念ですが、走りは旧ダイナを凌駕すると思います。ツインサスにこだわりが無く、走りを追求するタイプなら大満足できそうです。

気になるエキゾースト・マフラー

かちあがったマフラーで、太さ・迫力・バンク角確保で、今までのハーレーでは採用されなかった本気のマフラーです。エキゾーストは、ステンレスの焼けたイメージで、めちゃくちゃカッコ良いです。

マフラーのクランプも、今まで通りでスリップオンの装着可能です。最近の国産車はマフラーの交換できないようエキゾーストと一体型なので、心配でしたが心配は不要です。カーボン調のマフラーとか似合いそうです。

倒立サスペンション・ダブルディスクブレーキ・フローティングローター

倒立サスペンションに、大径セミフローティングローターもファットボブ専用です。ハーレーのサスペンションのポリシー(フロント柔らかく、リア硬め)が変わっていれば、社外サスペンションに交換なんてありえないですね。そう感じさせる本気の攻めたフロント周りです。

ネックフレームめっちゃゴツいです

フレーム剛性65%向上・シャーシ全体の剛性も34%向上・最大17kgの軽量化の、謳い文句は伊達ではなさそうです。その下の画像は他のソフテイル(モデルは忘れました)

オイルクーラー

容量しっかりしていて、夏場も安心できるサイズです。

O2センサーはナローバンドですね。フルコンへは今まで通りワイドバンドへの加工が必要です。

ナンバーステー

ドゥカティ・ディアベルのような、洗練さはないですが、どんな振動にも、びくともしないしっかりしたステーです。このステーだけで、ハーレーらしさを感じられますね。

個人的には、早く試乗してみたいです。見た目では相当な性能アップ、攻めたデザインは評価出来ますが、ハーレーは乗らないと、全くわからないので試乗してみたいです。

ディーラーメカニックから聞いた変更点とと4バルブエンジンについて

ファットボブ インプレ
【インプレと分析】2018 ミルウォーキーエイト ソフテイル ファットボブハーレーの歴史 1929年 サイドバルブ エンジン 1936年 ナックルヘッド エンジン 1948年 パンヘッド エンジン...
ミルウォーキーエイト 馬力
【ミルウォーキーエイト】4バルブのメリットと課題ミルウォーキーエイトの4バルブ化は、更なる高回転・高出力のためです。 低速トルク重視であれば、2バルブでオーバーラップの少ないカム...

個人的なイマイチな点

  • タンクが18.9リットルから13.6 リットル
  • リアサスペンションのダイヤル式が車体右側でカッコよくない(車体左側にして欲しかった)
  • オイルクーラーが水冷エンジンのラジエーターに見えてしまう(周りの樹脂を外せばオイルクーラーアピールできるかな?)
  • O2センサーがナローバンドで広範囲な制御できませんというのがわかり残念
  • カーボンスチール製フレームの切り貼りが出来るのかわからなかった(これは私のリサーチ不足ですね)
ミルウォーキーエイト 馬力
【ミルウォーキーエイト】4バルブのメリットと課題ミルウォーキーエイトの4バルブ化は、更なる高回転・高出力のためです。 低速トルク重視であれば、2バルブでオーバーラップの少ないカム...

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。