インテーク

ローランドサンズのエアクリーナーが性能もデザインも高い

ハーレー エアクリーナー おすすめ

市販品のエアクリーナーで吸気効率がいちばん高い、ローランドサンズのエアクリーナーを紹介します。

燃焼効率の高いエンジンに、レース用マフラーを使用しても、エアクリーナーの吸気効率が低ければ性能を発揮できません。

エンジン出力は、吸気できる空気の量で決まります。

それでは、吸気効率の高いローランドサンズのエアクリーナーと、おなじフィルターを使用した高性能エアクリーナーを含めて紹介します。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

高性能と言われるエアクリーナーは、170CFMをこえるエアクリーナーです(Cubic Feet per Minute)

高性能エアクリーナーは、このK&Nフィルターを使用したタイプ

全方向から吸えるK&Nのフィルターに、空気の流れを邪魔をしないカバーをつけたエアクリーナーが170CFMをこえます。

そのエアクリーナーが178CFMのRSDのタービンです。

市販品では性能がいちばん高い。

下のエアクリーナーは全面にカバーをしているためタービンより低いですが、おなじフィルターを使用しているので、170CFMはこえる高性能エアクリーナーです。

逆に吸気効率の低いエアクリーナーは、小さなタイプや、空気をコントロールしようとしてカバーに細工をしたものです。

画像元:https://roughcrafts.com/

空気は低回転時はうずを巻き、高回転時にまっすぐ吸気されるため、カバーの裏にうずを巻いたタイプは、一定の回転数でいえば効果は発揮します。

しかし、その回転数をこえると抵抗に変わってしまいます。

空気は自由に形を変えていくため、カバーなどでコントロールすることは困難です。

高性能なRSDのエアクリーナーでも、雨にぬれてしまうと性能が落ちます。

雨にぬれても、ゆっくり走行では性能低下は感じにくいですが、高速走行や上り坂などでは走りづらくなるので、雨対策にカバーはあったほうが良いです。

吸気効率が下がったエアクリーナーは、排気量分の混合気が入らずに、強い燃焼圧力がうまれません。

弱い燃焼圧力では、トルクも馬力も低下します。

ローランドサンズのエアクリーナー以外で、吸気効率が高くデザインも良いのは、170CFM前後のS&Sが全天候型では優れています。

カバーは多くのメーカーやショップから発売されているので、性能とデザインを両立できます。

ファンネルはエンジンの耐久性を無視すれば、吸気効率は非常に高く180CFMを超えます。

ファンネルは空気の邪魔をしないから、高い吸気効率を誇ります。

しかし、アミをつけてしまうと、フィルターつきの吸気効率以下になってしまいます。

見た目とちがいアミの抵抗は非常に高いです。




全方向から吸気できるフィルターや、空気の邪魔をしないカバーが高性能なことがわかれば、ある程度は見た目で性能がわかります。

ハーレーの最大の魅力はエンジンです。

できる限り高性能なエアクリーナーの方が楽しめると思います。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。