電気系統

【これでわかる!】ハーレーの電気系統について

ハーレー 電気系統

エンジンは燃焼によって動力を得て走り続けます。

その為に電気システムが不可欠で、大まかに下記のものが挙げられます。

  • 始動装置:バッテリーから、スターターモーターを回し、エンジンを始動させる
  • 充電装置:オルタネーターで発電し、ジェネレーターで交流から直流に変換し、バッテリーへ充電する
  • 点火装置:イグニッションコイルで電気を増幅し、電気をスパーク・プラグに流す
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

始動装置

停止しているエンジンを動かすには、スターターモーターに電気を流し、ピニオンギヤでフライホイールを回しピストンを押し下げ、シリンダー内に混合気を吸気させ、スパーク・プラグで点火しエンジンを始動させる。

バッテリー

イグニッションON(スタータースイッチ)

スターターモーターに、ついているピニオンギヤが出る

ピニオンギヤが、フライホイールに繋がる

ピニオンギヤが、フライホイールからクランクシャフトを回す

ピストンが、上下運動をする

シリンダー内に、混合気が入る

スパーク・プラグで点火

エンジン始動

ピニオンギヤが引っ込む

スターターモーターが、普及する前はキックアームでクランクを回し、エンジン始動をしていましたが、この方法はコツが必要で失敗する(ケッチン)と、ケガをする恐れがあるので、スターターモーターの普及で、パンヘッドの後期から徐々にセルモーターへ移行していきました。

現在の車は、アイドリングストップが登場しました。あれはスターターモーターの強化と、制御の向上で可能となりました。

近い将来、バイクでアイドリングストップが出るかもしれませんね。

充電装置

エンジンの回転と共に、オルタネーターが回り、発電された電気をレギュレーターによって、交流から直流に変換され、バッテリー(12V)に充電されます。

ピストンの上下運動でクランクシャフトが回る

クランクシャフトの回転エネルギーをオルタネーターで交流電気を発電させる

オルタネーターで、発電された交流をレギュレーターで12vの直流へ変圧させる

バッテリーへ直流12vを充電させる

オルタネーターはプライマリカバー内、前方にあります。クランクシャフトが回る事によって生じた回転力を、電気エネルギーに変換する装置です。バイクの全ての電気を作り出します。

レギュレーターはフレーム前方のアンダーフレームにあります。交流を12Vの直流へ変換します。

点火装置

エンジンを作動させるために、混合気を燃焼させる必要があります。そこで必要なのがスパーク・プラグです。

ベストな状態でフロントシリンダー・リアシリンダーに火花を飛ばすとパワーを引き出せます。

バッテリー

イグニッションコイルで12Vを1万V以上に増圧させる

スパーク・プラグで強い点火をさせる

現在のスパーク・プラグは、レアメタルを使用し、格段に強いスパークが可能になりました。

イリジウム・プラチナは金属密度が、非常に高いため、電極部に不可をかけずに強いスパークが発生します。

空冷大排気量のハーレーでは、シリンダーヘッド内が外気温にも左右される為、消耗品とはいえケチらないほうが良いです。

バッテリー

電解液の中に酸化鉛でできた陽極板と、鉛でできた陰極板があり、希硫酸と化学反応することにより、充放電が行われます。充電された電解液は希硫酸です。

放電中

陽極板:酸化鉛 → 硫酸鉛

陰極板:鉛 → 硫酸鉛

電解液が希硫酸から水へ

充電中

陽極板:硫酸鉛 → 酸化鉛

陰極板:酸化鉛 → 鉛

電解液が水から希硫酸へ

スパーク・プラグについて

熱価

コールドタイプ:プラグの温度が上がりにくいもの(冷え型)

主に、高回転型のエンジンに使用される

ホットタイプ:プラグの温度が下がりにくいもの(焼け型)

主に、低回転型のエンジンに使用される

※熱価は、燃焼室内の高温時の放熱性なので、熱価と始動性は一切関係ないです。始動性が悪いから番数を変えても意味はないです。

プラグの電極の向きで何かが変わる事もありません。そもそもプラグはスパークする箇所が常に変わります。

用語・備考

ケッチンとは

キックアームをおろした際に、ピストンが上死点に上がる前に、圧縮力の反動で、キックアームが逆回転に回り足にケガをすることを言います。

原因は点火タイミングが早い、正常な混合気が作れていない、キックアームを下げきれてない、などがあげられます。

逆に圧縮が抜けてた場合は、抵抗なしに勢い良くさがるので危険です。

数回失敗した場合は、混合気が抜けるのを待つか、バイクを動かしましょう。重かったキックアームが軽くなります。

車ではクランクを手で回してたので、失敗した時に上半身にケガをすることが多く、非常に危険でした。最悪の場合は死亡することもあったそうです。

バイクは足のケガぐらい(ぐらいで済まされるほどではないですが)だったので、普及は遅かったです。

外気温によるシリンダーヘッド内温度

外気温が1℃あがると、シリンダーヘッド内は5倍以上、上がります。夏と冬ではシリンダーヘッド内が100℃変わることがあります。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。