電気系統

【リチウムバッテリー】サンダンスの「VOLTMAX」は冬の1℃でも一発始動!

サンダンス T-SPEC リチウムイオンバッテリー
  • リチウムイオンバッテリーって軽量で放電に強いとか、メリットばかり聞くけど、デメリットはないのかな?
  • 真冬はセル回るまで時間かかるっていうけど本当?
  • サンダンスのリチウムイオンバッテリーのVOLTMAX(ボルトマックス)は、真冬でも一発でエンジン始動できる?

こういった疑問にお答えします。

私は過去にスポーツスター、ソフテイル用に「SHORAIのリチウムイオンバッテリー」と、V-ROD用に「ハーレー純正鉛バッテリー」使用していました。

どちらもメリット、デメリットがありました。

リチウム、鉛バッテリーのメリット、デメリット
  • リチウム:数ヶ月放置でも一発でエンジンがかかるが、気温が10°以下になると極端に始動性が落ちてエンジンがかからない。バッテリーを活性化させ、エンジン始動するまで5分ほどかかる。
  • ハーレー純正鉛バッテリー:スポーツスターだと一か月放置でバッテリーが上がってしまう、しかし気温が低くても一発でエンジンがかかる。

リチウムバッテリーの持ちは良いけど冬の始動性の悪さ、冬でも一発でもかかるが一か月で上がってしまう純正鉛バッテリー。

このデメリットを一切なくなくなったのがサンダンスが開発したリチウムイオンバッテリー「VOLTMAX(ボルトマックス)」です。

VOLTMAX(ボルトマックス)はスポーツスターで3ヶ月間セキュリティーONで放置してましたが、充電も一度もせずに一発で始動でき、ソフテイル用に購入したVOLTMAX(ボルトマックス)も気温1°の真冬の深夜でも一発でかかりました。

しかもソフテイルはクランキングの重いTC110です。

サンダンスが開発したリチウムイオンバッテリー「VOLTMAX(ボルトマックス)」は、バッテリー上がりの心配もなく、冬の始動性の悪さも一切なくなった。

ハーレー純正のリチウムバッテリーは使用したことありませんが、サンダンスのVOLTMAX(ボルトマックス)は理想のバッテリーと言っても良いと思います。価格は49,800円です(2020/02/10)

寿命も2倍は持ち、日常における補充電も不要なので、メンテナンスフリーと言っても良いと思います。

サイズも鉛バッテリーよりも2回りほど小さいため、ETCや車検証なども収納可能です。

ソフテイルにETCと車検証を収納

現在販売されているものは1種類で、スポーツスター(04~)と同サイズでかなり小型されています。

加えて600回転(三拍子)のアイドリング時でも13.2V以上をキープしているので、三拍子でのバッテリー上がりの心配も皆無です。

従来の鉛バッテリー用の充電器でも充電可能です。
※トリクルは不可

シーテックでリチウムバッテリーの充電する方法は、バッテリーチャージャーをコンセントに繋ぎ、まず最初にスノーモードにしてからバッテリーに繋げれば充電が開始されます。充電が終われば放電されるまで充電されません。

充電状態がボタン一つで確認できるため、テスターを使わなくても状態が把握できる。

サンダンス リチウムイオンバッテリー

ハーレー純正リチウムバッテリーを使う機会がありましたら、ぜひ比較してみたいと思います。(Amazonでは取り扱ってないようです)

サンダンスのVOLTMAX(ボルトマックス)の登場でリチウムイオンバッテリーは、バッテリー上がり、始動性の不安は完全に過去のものになりました。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

noteでノウハウを公開しています

このハーレーエンジニアリングの他に、noteというサービスで有料の記事を公開しています。どちらも『ハーレーを安全に最高に楽しむ』ためのノウハウとなっています。

「ハーレーが秘めている最高の鼓動感とパワー、安心安全を手に入れたい!」と本気で考えている人のみ H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て! を購入して下さい。

ハーレーは多くのパーツがあるため、質の高い情報がないとムダに費用が掛かります。

良質な情報を手に入れ、本気で行動している人は最高のハーレーを手に入れています。

ぜひ参考にして下さい。

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。