機械工学

【鼓動好き必読】ボルトはなぜゆるまない? ボルトはバネだった!?

ハーレー ボルト

メンテナンスやカスタムなどで、当たり前のように使っているボルト・ナット類

でも、なぜ締まるのか?なぜゆるまないのか?

いがいと知らないボルト・ナットが締まる原理。

手で締めると、手でゆるめられるけど、工具で締めるとゆるめられない。

なぜか?

答え
  • ボルトはバネです
  • ナットで強く締めると、ボルトは伸びる
  • 伸びたボルトが縮もうとして、ナットで強く固定される

プロでも知らない場合があります。

振動でボルト・ナットは必ずゆるみます。

万が一はあります。

しかし原理がわかればトラブルは抑えられます。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

ボルトは超強力なバネです

スプーンは曲がらないと思うから、スプーン曲げに驚くわけですよね。

曲がるのがわかっていれば驚きません。

私はボルトは伸びないと、思いこんでいたから驚きました。

金属は力で変形しますし、熱を加えれば力を加えなくても変形します。

さら金属に熱を加え続けると液体、気体になっていきます。

10cmのボルトを、ナットで強く1回転締めると、1mm伸びて10.1cmになります(ピッチは1mm)

1mm伸びたボルトが、1mm縮もうとして、パーツ同士がきっちり固定される。

この縮むボルトの力は、直径6mmぐらいのボルトでも1トンを超えます。

ボルトの太さや長さ、材質をかえて、バネの縮む力をコントロールしパーツ同士を固定します。

エンジン・車体・全てのパーツは超強力なバネで組み合わさっている

バネの強弱をてきとうにすると、パーツが変形したり外れたりして、まったく性能でないばかりか、走行中に事故の可能性が上がることになります。

ボルト・ナットがバネと認識して作業すると、適正なトルク管理が必要なのが理解できると思います。

数千のバネがハーレーに使用されています。

サイズが合うから大丈夫!とはいかないです。

ボルトのちぢむ力を安定させるには、ボルト・ナットをクリーンにする

DIYで作業しているかたは、必ずボルト・ナットは綺麗にした状態で締めてください。

油や付着物があると、トルクレンチを使用しても正確に締まらないし、ゆるみやすくなります。

ハンドル・ライザー・キャリパー・リアサスペンションとかは、DIYでメンテナンス・交換されるかたも多いと思います。

締め付けが安定していないと、性能を引き出せないばかりか、危険なことも起こり得ます。

作業場も含めて綺麗な環境で作業するように心がけて下さい。

ナットがゆるむ原因は、すき間ができるため

ボルトのゆるみで走行中にパーツが落ちたら危険です。

「やけにいい音してたと思ったら、サイレンサーが落ちてたよ」

この話、ちょこちょこ聞くんですよね。

純正マフラーで落ちたのは聞きませんが、社外マフラーは聞きます。

ボルト・ナットが汚れていると、しっかり締まらずに、すき間ができゆるみやすくなります。

私は落としたことはないですが、社外マフラーのサイレンサーの溶接にクラックがはいり、落とす寸前までいってました。

落として後ろの車両を、巻き込んでいたらと思うとゾッとします。

物を落とした時点で違反です。

落とした物で被害が出たら刑事罰。

点検はしっかり行いましょう。

とくにカスタムした箇所は重点的に点検が必要です。

ベテランのリジッド乗りの方はパーツを落とさないです。

振動でゆるむ箇所を知っているので、100km走行したら増し締めするとか、ルールをしっかり決めているからです。

ゆるむ箇所を知らないと、ツーリングのたびに「どこどこがゆるんだ」「落ちた」「ない」となります。

車間距離は大事です。

組み立て直すとワッシャーが残る!

ボルト・ナットなら、しっかり探して締めますが、「ワッシャーぐらい平気!軽量化!」となりがち。

ワッシャーを使用することにより、面積を増やし面圧を安定させることが出来ます。

面圧が安定すると、ゆるみ、パーツのキズなどを防止することが出来ます。

面積がせまいと、接地面がつぶれてゆるみやすくなるし、パーツにキズがつきます。

ワッシャーも命に関わる重要部品ですので、余らせないようにしてください。

ボルトは必ずゆるみます。

プロでも見落とす箇所です。

万が一はあります。

みんなで安全なツーリングを楽しみましょう。

その前にいまいちど点検を!

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。