機械工学

【エボリューション】走りなら断然スポーツスターが速くて楽しい

スポーツスター エボリューション

レースに勝つために誕生した、スポーツスターの「エボリューションエンジン」を紹介します。

スポーツスターのエンジンは、1931年にWLが登場し、レースに勝つためのレーサーバージョンのWR、そして52年にKモデルに受け継がれました。

また、KモデルのレーサーバージョンのKRが、今のXLスポーツスターの元祖です。

スポーツスター KR

すべてのレーサーバージョンにRの称号が与えられます。

2008年モデル~2011年モデルまで販売された、XLのレーサーバージョンのRが、XR-1200とXR-1200Xです。

スポーツスター エボリューション ハーレー エボリューション xr1200

スポーツスターは、レースを戦うために生まれたモデルで、初心者向けのバイクではないことは、歴史を見ればあきらかです。

実際、走りとなったら間違いなくスポーツスターの方が楽しくて速い、XL1200ならハイカムやブランチヘッドで、軽く90馬力は後軸で発生します。

883もチューニング次第で80馬力は狙える。

しかも、あの883独自のロングストロークのフィーリングを残したままでパワーを得れます。

ハーレーはクランクピンを、2つのピストンで共有する同軸クランクを採用しているので、883のロングストロークエンジンはチューニングで、さらに心地よくなります。

スポーツスター エボリューション
画像元:https://www.rolandsands.com

スポーツスターのエボリューションエンジンは速くさせたり、味わい深くさせようと思ったら、簡単にできるのが最大の魅力だと思います。

それでは、スポーツスターの「エボリューションエンジン」の特長と、パフォーマンスを引き出す方法を説明します。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

スポーツスターのエボリューションエンジンの特長

スポーツスター 4カム

エボリューションエンジンの最大の特長は、以下の2点があげられます。

  • ギアドライブの4カム
  • ミッション一体成型のクランクケース

正確な動作で高回転まで回せるギアドライブの4カム

2気筒エンジンの計4バルブで、それぞれの吸気と排気のカムが独立しています。

スポーツスター ハイカム

そのためバルブごとに異なるカムプロフィールを自由に選択でき、さらにプッシュロッドをまっすぐに運動させられるため、より正確な動作で、高回転まで鋭い加速が可能になります。

チェーンのようにフリクションやタイムラグもなく、コンパクトで軽量フライホイールと相まって、俊敏なレスポンスがあります。

強度が高いミッション一体型クランクケース

WRから変わっていないレース仕様のため、強度を高めたミッション一体成型のクランクケース。

スポーツスター 2004 エボリューション
画像元:https://www.motorcyclecruiser.com

ミッション一体型のクランクケースの利点は、フレームとエンジンの強度を同時に確保でき、加えてエンジンの重心が集中させられる事ができるため、高い負荷でも正確なハンドリングが可能になります。

レースではリタイアとなるオイル漏れも一体型では発生しにくい。

スポーツスター エボリューション
画像元:https://www.motorcyclecruiser.com

2004年からラバーマウントになり、フレームが一回り大きく重くなりましたが「コンパクトで軽くて速い」これらの設計ポリシーは変わっていません。

すべてに勝つための要素が含まれています。

エボリューションエンジンのパフォーマンスの引き出し方

スポーツスター エボリューション

スポーツスターという名前に見合った性能は、現在のラインナップでは少ないですが、ポテンシャルは十分過ぎるほどあります。

883に至っては、他のハーレーよりも2割近くも、味わい深いロングストロークエンジンです。

883については、こちらの記事の、【883の心地よい鼓動感】ハーレーで一番のロングストロークエンジンだったも読んでみてください。

スポーツスターのポテンシャルとフィーリングを活かしましょう。

ビッグツインだと、リジッドマウントとラバーマウントでは特性がことなるため、クリアする課題や、活かせる特性に違いがあり限度があります。

しかし、スポーツスターのエボリューションエンジンなら、ラバーマウントでもポテンシャルは簡単に引き出せます。

ビッグツインのラバーマウントのように、ミッションが別体ではないのでパワーの伝達力も高い。

吸気効率をあげるチューニングだけで大幅にパワーアップ

吸気量を増やすパーツでチューニングすれば、XL1200では100ps/7,200rpmは達成でき。

883は、あのロングストローク特有のフィーリングを活かしたまま、パワーを上げられます。

スポーツスター 100馬力

エボリューションエンジンは、腰上だけの吸気効率をあげるパーツのチューニングで、パワーやフィーリングを上げられます。

  • シリンダーヘッド:ブランチヘッド スポーツスター
  • カムシャフト:アンドリュース N3
  • スロットルボディ:51mm HORSEPOWER INC
  • ピストン:ワイセコ・JEなどの低フリクションピストン
  • エキゾースト:抜けの良い独立管、または2in1で集合部をしぼらないタイプ
  • エアクリーナー:RSD タービン(社外品で吸気効率が一番高い)

充填効率・燃焼効率の高いシリンダーヘッドや、吸気量を増やすビッグボアのスロットルボディや、ハイフローエアクリーナーで、1キュービックインチあたり1馬力以上なら簡単にだせます。

徹底的な低フリクションで最高のポートレイアウトの、エボリューションエンジン最高峰のXR-Rなら後軸で140馬力にトルク13.5kgを発生させられます。

さらに、高性能ツインショックに軽量スイングアームにバックステップなど、パフォーマンスを活かすパーツも豊富にあります。

まとめ

ここまで、スポーツスターのエボリューションエンジンについて解説いたしました。

ハーレーはレースで勝つためにスポーツスターを誕生させました。

WLの時代からレーサー仕様にはRの称号が与えられ、常にハーレーのレースシーンをスポーツスターが牽引してきました。

4カムの正確なバルブタイミングに高いエンジン強度、吸気チューニングしたら簡単にパワーがあがる。

さらに、どのハーレーよりもロングストロークで味わい深い883エンジン。

長距離ツーリングなどのクルージングはビッグツインですが、町乗りやワインディングでは間違いなくスポーツスターが最高に気持ちよく走れ、圧倒的に刺激的です。

走りを楽しむなら、4カムスポーツスターのエボリューションエンジンが最適です。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。