機械工学

【トレール量とは】オフセット変更でハンドルのブレは止まる

スポーツスターのハンドルがぶれる
  • カスタムしたら、直線や高速などで、ハンドルがブレるようになったり、ちょっとしたきっかけで、ハンドルがブレはじめる
  • どうしたらハンドルや車体の、ふらつきを減らせることが出来るのか?

こういった疑問にお答えします。

  • ハンドル・車体がふられる原因
  • トレール量が、少なくなりやすいカスタム
  • トレール量は、トリプルツリーのオフセットで変更する

バイクの直進安定性に、トレール量が関係します。

カスタムしても、この値が適正であれば直進安定性やハンドリングが安定します。

トレール量を適正にする方法を紹介します。

ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

トレール量と直進安定性の関係

スポーツスターのハンドルのぶれ

上図のキャスターのように、トレール量を増やすと安定して進みますが、減らしたりマイナスだと不安定で走れません。

特にスピードが上がると、さらに顕著に表れます。

バイクの場合のトレールは下図になります。

キャスターと同じでトレール量が大きければ直進安定性が増します。

少ないと不安定になります。

スポーツスター ハンドル ぶれる

ハーレーのスポーツスターはトレール量が少なく、カスタムなどでさらに減ると、高速走行時に発生しやすくなります。

スポーツスターでトレール最適化は、こちらの【トレール】スポーツスターのハンドルのブレはトリプルツリーで解決!を読んでみてください。

しかし、適正なトレール量を確保すれば、カスタムしても安定します。しかし多すぎるトレール量はハンドリングの安定性には逆効果になります。

トレール量が減少するカスタム

  • フロントフォークの突き出し
  • フロントホイールのインチダウン
  • リアサスペンションのロング化
  • リアホイールのインチアップサイズ
  • レイク角

など

特にリアサスペンションのロング化は、メジャーなカスタムなので注意してください。

トレール量は直進安定性とハンドリングのバランスが関係するので、最適な点を見つけるには、バイク全体のディメンションの把握がポイントになる。

トリプルツリーのオフセットでトレール量を最適化

スポーツスターのハンドルがぶれる

トレール量を減少させたカスタムをした場合は、バイク全体のディメンションの把握し、トリプルツリーのオフセット量を変更する必要があります。

トリプルツリーのオフセット量の増減で、トレール量を変更できる。

トリプルツリーのオフセット量を変更できるメーカーは多数ありますので、ショップで仕様を伝え、最適なトリプルツリーを確認してください。

ステアリングダンパーなどでハンドルのふれを防ごうとする場合がありますが、トレール量が最適でないと、ハンドルと同時に車体が振られますので、トレール量を最適化してから、ステアリングダンパーでハンドリングの調整をしてください。

まとめ

適正なトレール量であれば、ふらつきは減らせます。

しかし、サスペンションやホイール、ロングフォークなどのカスタムで、トレール量が減ってしまうと、まっすぐ走っているだけでハンドル・車体がブレるようになります。

カスタムをもとに戻すのはもったいなので、トリプルツリーでトレール量を最適化してください。

見た目もカッコよく、走っても安全で楽しいハーレーが一番です。

 

今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

ARIGATO BIKE

この記事が気に入ったらフォローしよう!

H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て!
ツインカムエンジンはハーレー史上最高のエンジンである

H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。

■記事内容

  • 圧倒的なパワーと、巨大な低速トルクを得るチューニング
  • さらなる極上のモアトルクを得るチューニング
  • 不快な振動をなくし、心地よい鼓動感に変える
  • トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム
  • エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム
  • パーツの価格と加工にかかる費用、工賃

詳細にご説明いたします。

特集記事を読む

※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。